東京・学芸大学にある”monogram”さんのスリムカメラストラップでα6000を着飾る

 

けーすけ
時代はなんでも「薄い」と「細い」なんですかね。

 

どうもこんにちは。プラマケのけーすけです。

 

先日、欲しい物リストということで、気になるカメラストラップを数点ピックアップした記事を書きました。

あわせて読みたい

どうもこんにちは。 今日は、先日購入したSONYのα6000のストラップ欲しいので、色々と候補を挙げてみる。という内容です。オススメのストラップあれば教えてください。 ただ、一口にストラップといっても、色々なアイテムがありますの[…]

 

どれも本当に好きで、ハゲてしましそうなほど色々と悩んだ結果、購入したのがmonogramさんのスリムストラップ。スマートなやつ選びました。

 

思えば、先日購入したこのSONYのα6000というカメラ。初めてのミラーレス一眼ということで、たくさん持ち歩いて写真を撮りたいんですね。なので、「持ち出したくなる」ような装備といいますか、気軽さといいますか。それを求めてしまったんです。

 

で、ストラップもシンプルで気兼ねなく持ち出せるもの。という結果に至り購入致しました。

 

それではさっそくみていきましょう。

 

 

 


 

monogram スリムカメラストラップ

 

 

今回購入したのが、東京は目黒の学芸大学にある写真屋「monogram(モノグラム)」さんのスリムカメラストラップです。

 

お客様からの「細いストラップが欲しい」「バッグの中で肩パッドが邪魔にならず、かさばらないストラップが欲しい」という声に応えて誕生したすごく細いストラップです。

 

タンニン染された牛のオイルレザーを使用していて、すごく良い風合いです。鞣された薄い革を裁断しただけのシンプルな作りですので、どんなカメラにも相性良さそう。

 

 

今回、Sサイズを購入しました。このサイズだと、最短約88cm〜最長約91cm、ストラップの幅が約10mm、革の厚みは約3mmです。カメラとの接合部分は、革の厚みが1〜2mmと、少し薄い設計になってます。接合部の調整幅ですが、両先端に8mmごとに4段階の調整が可能です。耐重量は約5kg。テストはしているそうですが、常に5kg以上の負荷をかけることはNGみたいです。

 

色は悩んだ末にブラック

 

 

カラーはブラックとブラウンの2色展開。革物のブラウン系って、めちゃくちゃ好きなんですが、最近の革物をブラックで統一し直しているということもあって、ストラップもブラックをチョイス。ハトメやバックルはアンティークゴールドなのですが、いやらしさもなく、むしろカッコいいです。

 

ストラップの先端はベルトのようなバックルがついているので、カメラ本体のパーツにストラップを通して装着。慣れれば20秒くらいで通せますかね。こんな感じです。

 

【装着方法(α6000の場合)】

 

①ストラップの先端をカメラ本体の三角リングに通す。

②通したストラップの先端を折り返してバックルに通す。

③ストラップの穴にピンを通して好みの長さに調整する。

④好みの長さが決まったら固定して完成。

 

どうですか。すごく簡単ですね。一度つけてしまえば特に外すこともないので、あとは長さの調整だけしてください。

 

まとめ

 

 

気温もかなり下がってきて、日中に歩き回っても大丈夫な季節がきましたね。冬本番になる前の、この短い秋の間に、色々な場所で色々な写真を撮りたいものです。

 

次に東京行った時は、monogramさんに実際にお邪魔して、色々と物色してみたいですね。monogramさんの公式サイト貼り付けておきますので興味ある方は覗いてみて下さい。

 

スリムカメラストラップ|長く愛用できるmonogram(モノグラム)

肩パッドや長さ調節のバックルを極力減らした、細くてシンプルなデザインの牛革のカメラストラップ。ミラーレス一眼やコンパクト…

 

そういえば、ぼちぼち次なるレンズを欲してきました。何かオススメのレンズがあれば教えてください。宜しくお願い致します。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク