【SONY ZV-1 レビュー”開封の儀”】実質3万円引きだったのでSONYの最強VLOGCAMを買ってみた。

 

けーすけ
3万円引きなら買うしかないよね。

 

どうもこんにちは。プラマケのけーすけ(@PRAGMATICMARKET)です。

 

2020年6月に発売されたSONYのVLOGCAM”ZV-1”ですが、ずっと気になっていて。買うか買わまいか悩みすぎてハゲそうだったんですが、買っちゃいました。いまさら感半端ないですが。

 

性能とかはもう他の方のレビュー見てもらえればいいので、この記事では紹介しませんが、嬉しすぎるので開封の儀と称したレビュー記事とさせていただきます。

 

あとは、購入するに当たってZV-1を実質3万円引きで購入することが出来ましたので、その時の購入方法もお教えしたいと思います。

 

期間限定の内容になりますので、気になっている方はぜひチェックしてみてください。

 

それではいってみましょう。

 

 

SONY ZV-1|概要

 

 

ZV-1は2020年6月にSONYが発売したVLOGCAMです。

 

本体のみ

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥81,000 (2021/05/12 15:43:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

シューティンググリップ付き

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥99,000 (2021/05/12 15:43:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

発売前からYouTube界隈で大盛り上がりして、色々な方がレビュー上げてましたね。実はずっと気になっていたんですが、Osmo Pocket持ってたからスルーしてました。しかも最近DJI POCKET 2も購入してさらにスルーだったのですが、大人の事情で今回購入することになりました。

 

なので今後はDJI POCKET 2とZV-1の最強タッグでVLOG初めていきたいと思います。

 

コンパクトデジタルカメラの分類に属するカメラになりますので、レンズ一体型でポケットにも入ってしまうほどの小ささなのに、1インチセンサー搭載で綺麗な写真も撮影が可能。

 

しかも、動画撮影に特化したカメラというだけあって、バリアングルモニターで自撮りをしやすく、背景のボケをワンタッチで切り替えることができたり、商品レビュー用設定なるものがあり、爆速でピントが合うような機能も搭載。

 

SONY ZV-1|外観

 

それでは開けていきます。Apple製品もそうですが、この開封するときが1番テンション上がりますよね。

 

まずはパッケージ。今回僕はシューティンググリップなしのモデルにしました。いつものSONYの箱でコンデジなので箱も小さめですね。

 

 

中身は本体と、

 

 

インターフェイスシューの取り付け可能なウインドスクリーン、

 

 

バッテリー。

 

 

MicroUSBケーブル、

 

 

取扱説明書、他。

 

カメラ本体のサイズは約105mm×60mm×44mm。かなり小さいですね。厚みに関しては純粋にボディだけなら30mm程度です。レンズ部分を含むと44mm程度になります。

 

 

重量はバッテリー込みで283g。(タニタ調べ) 公式値は294gだったので10gくらい軽いですね。

 

 

本体レンズ側。

 

 

本体モニター側。

 

 

モニターはバリアングル。個人的に初バリアングルです。

 

 

このバリアングルは自撮りする分には問題ないけど写真撮影の時はレンスの中心(軸)とモニターが大きくずれるので慣れるまでは違和感すごそう。

 

 

本体左側。左側はモニターが来るので端子系のポートはなし。

 

 

本体右側。上から外部マイクが挿せる3.5mmのステレオジャック、MicroUSBポート、HDMIマイクロ端子があります。

 

 

本体底面。バッテリーやSDカード入れるところと三脚穴があります。

 

 

本体上部。真ん中にあるのが内臓マイク。マイク横のシュー部分にウインドスクリーンを装着することで風切り音を防いでくれます。電源ボタンやモードボタン撮影ボタン、シャッターなんかもあります。

 

 

レンズはZEISS(ツァイス)レンズでF値1.8-2.8。焦点距離はフルサイズ換算で24-70mm。自撮りするにはちょっと画角狭め。3段分のNDフィルター内臓なので屋外撮影でも白飛びは最小限にしてくれそうですね。

 

 

 

 

ざっとこんな感じです。細かい仕様はSONY公式ページをご覧ください。

 

SONY ZV-1|実質30,000円引きで買う方法

 

ここからが本題で、僕が購入したZV-1ですが約90,000円のカメラ。これを約3万円引きの価格で購入することができました。

 

そのカラクリを今日はお教えしようと思います。ネットショッピング上級者ならおそらく普段からやってることだと思いますので、あまりネットでお買い物をしない方向けの内容になります。

 

カラクリ① SONYのキャッシュバックキャンペーン

 

 

まず1つ目はSONYが定期的に行なっているキャッシュバックキャンペーンを使うことです。

 

3月に入ってこのキャンペーンが開始され、5月9日までに応募すればなんと10,000円のキャッシュバックが受けられます。

 

応募方法は外箱のバーコード部分を切り取ってSONYに送るだけ。たったこれだけで10,000円還ってきます。

 

カラクリ② ECサイトのポイント還元

 

これも定番の買い方ですが、楽天市場やYahooショッピングなどで購入して楽天ポイントやPayPay残高をもらうパターン。

 

還元率は人それぞれですが、個人的にはYahooショッピングかPayPayモールの還元率がエグいです。写真は僕が実際にコジマ電気のPayPayモール店で購入したスクショです。縦長で見にくくてすみません。

 

 

購入したのは4月5日。Yahoo系のECサイトは5日は『5のつく日』というイベントをやってて、かなりポイント還元率が高くなります。それに他のキャンペーンも加わって結果的に24%ものポイントがつきました。

 

けーすけ
AM1:49に買ってるあたり。待ってました感が・・

 

購入時の値引きではありませんが、ポイントはまた買い物に使えますので、20,852円相当安くなったのと同じこと。これはデカいですね。このポイント使って予備バッテリーとかリグとか周辺アクセサリーを買えるのです。

 

実際に購入時の値引きじゃないのは別として、結果的に30,000円もお得になったので、実質60,000円くらいで購入できたことになります。ECサイトのイベントは毎月あるので別ですが、SONYのキャッシュバックキャンペーンはあまりないので、購入検討されている方はこの機会に買ってしまった方がまじお得です。

 

SONY ZV-1|開封の儀まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

今日は悩みに悩んだ末、お得なキャンペーンに託けてSONYのZV-1を購入したお話でした。

 

本体のみ

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥81,000 (2021/05/12 15:43:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

シューティンググリップ付き

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥99,000 (2021/05/12 15:43:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

コロナ禍でネットショッピング需要がすごいことになっている昨今、買い方によっては今回みたいにめちゃくちゃお買い時になることがあります。カメラが30,000円も安くなるなんてなかなか無いですから、こうした上手な買い物の仕方と言うのも勉強しておくといいかもしれませんね。

 

もちろん、楽天カードやYahooカードなんかを作ることで最大還元率になったりしますが、そうじゃなくてもそこそこの還元率になりますので、参考にしてみてください。

 

浮いたお金で僕みたいに周辺アクセサリー買ってもいいし、美味しいご飯食べてもいいし、お酒飲んでもいいし、投資してもいいし。

 

この記事を書くことで僕にはなんのメリットもありませんが、いいお買い物ができるようにEC業界に身を置く僕が共有しておきたいと思います。

 

肝心のZV-1はこれからDJI POCKET 2と一緒に使い倒したいと思います。

 

それではまた。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク