【MYNUS iPhone 11 Pro CASE レビュー】ミニマルなデザインが最高。「引き算の美学」から生まれた世界で最もシンプルなiPhoneケース

 

けーすけ
これぞミニマル。

 

どうもこんにちは。プラマケのけーすけです。

 

iPhone6と6S用から販売スタートした大人気iPhoneケース『MYNUS』ですが、今回iPhone 11 Pro用を購入しましたのでレビューしてみたいと思います。このMYNUSのケース自体はiPhone 7用を使っていたのでその完成度の高さは十分に理解しているのですが、その時の記事はありませんので今回改めてそのケースの完成度の高さをご紹介できればと思います。

 

前回はマットホワイトを使っていたのですが、年齢を重ね黒の重厚感やカッコ良さに惹かれ今回はマットブラックを購入致しました。

 

それがコチラ。

 

created by Rinker
MYNUS
¥4,290 (2021/07/28 22:32:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

月刊プラマケの8月号でも欲しいモノとして登場したこのケースですが、ホーウィンレザーを使ったNOMADと迷った結果、MYNUSに軍配が上がりました。

 

ではさっそくいってみましょう。

 

 

 


 

MYNUS iPhone 11 Pro CASE

 

 

徹底的な余計な要素を排除する”引き算の美学”から生まれたMYNUSのiPhoneケース。

 

iPhone6/6S用のケースから販売がスタートし、iPhoneをとにかく”よりシンプルで美しいデザイン”に変えることをコンセプトにしているMADEIN JAPANのケースです。iPhone 11 Proは特にカメラ周りの形状が複雑になっていてカメラ周辺をくり抜く形のケースが主流になっていますが、このMYNUSに関しては妥協は一切せず、カメラ部分をギリギリまで覆うデザインになっています。

 

外観や仕様

 

いつも通りパッケージから見ていきましょう。

 

 

 

グレーベースのパッケージに白文字。

 

ケース外側。良い感じの黒ですね。なかなか濃い目のブラックです。

 

 

マットブラックにはラバー調コーティングが施されています。このラバー調コーティングはiPhone XS用から採用されていますので、それ以前のMYNUSのケースとは少し仕様に違いがあります。以前のモデルに比べてよりマットな質感に仕上がっています。

 

 

ケース内側。

 

 

内側にはiPhone本体の背面部分を傷付けないためのグレーカラーのスエード素材のシートが貼り付けられています。シートにはうっすらとロゴが。

 

 

電源ボタン側。

 

 

こちら側は特にくり抜きはありません。すごく分かりにくいですが電源ボタン部分に小さな突起があり、その突起の内側にくる電源ボタンのアナウンス的な役割を果たしています。

 

 

マナーモードスイッチ側。

 

 

こちら側にはマナーモードスイッチと音量ボタンがあります。マナーモードスイッチはスイッチを上げ下げする物理スイッチになっているので、この部分はくり抜かれています。ただくり抜きも必要最低限のサイズになっています。音量ボタンに関しては、上げるボタンと下げるボタンのちょうど中間に突起があり、それを境に上か下かで判断できるようになっています。

 

 

スピーカー、ポート周り。

 

 

このケース下部については、ケースのクオリティがモロ現れる部分です。スピーカー部分のくり抜きやライトニングケーブルポート部分のくり抜きは完璧に近いほど正確です。

 

けーすけ
バリもなく本当に美しい。

 

 

手に持って光を通すとその美しさが分かりますね。

 

 

ただ、1つ注意点があってくり抜きが正確すぎて純正以外のサードパーティ製のライトニングケーブルだと干渉する可能性もあるとのことです。僕がいつも持ち運んでいるのはApple純正のUSB-C to Lightningケーブルなので問題ありません。モバイルバッテリーに関しても以前紹介したミニマリスト御用達のiWALK Link Me 4なのですが、特に問題なく挿さりますし充電もできました。

 

 

接合部分も問題ないですね。

 

 

あわせて読みたい

ゲーブルレスって、素晴らしいですね。 どうもこんにちは。プラマケのけーすけです。 今日はミニマリストさんに超人気のモバイルバッテリーを紹介していきたいと思います。 それがコチラ。 (function(b,c,f,g,a,[…]

 

基本的にはワイヤレス充電なので、ケーブルを挿すことはあまりありませんが、あまりにも特殊なケーブルでない限りは充電可能だと思います。

 

 

 

MYNUS iPhone 11 Pro CASEの特徴

 

ここではもう少し深掘りしてこのケースの特徴を見ていきたいと思います。特徴としては3つあります。

 

  1. カメラ周りのデザイン
  2. MADE IN JAPAN
  3. 極薄設計

 

カメラ周りの圧倒的センスの良さ

 

 

冒頭でも説明しましたが、このMYNUSのケースの最大の特徴はカメラ周りのデザインが他のケースと比べて圧倒的にセンスがいいと言うことです。上の写真を見てもらえれば言わんとしていることが分かって頂けると思います。

 

iPhone 11 Proのカメラは、過去のiPhoneと同様に背面パネルよりも飛び出しています。そのため何も保護していないと置いたり落とした時にレンズが割れたり傷が入ったりすることが多いので、多くの方がケースを装着するかと思います。何度も申し上げていますが、MYNUS以外のケースはタピオカカメラ部分を四角にくり抜いただけのデザインなので、スマートさのカケラもありません。それはApple純正のレザーケースといえど例外ではありません。

 

僕は以前紹介したTop ACEのカメラ部分のガラスフィルム貼り付けることでレンズの割れや傷を防いでいました。

 

 

めちゃくちゃ良いアイテムなんですが、なんか”つけてます感”が前面に出ていて少しダサい。

 

あわせて読みたい

レンズ割れ、ダメ、ゼッタイ。   どうもこんにちは。プラマケのけーすけです。   iPhone7の時に味わったレンズ割れという悲劇を、今のiPhone11 Proで再び起こさないように、カメラ用の[…]

 

しかしどうでしょう。MYNUSはこの美しさです。

 

 

レンズ3つ、フラッシュ部分、マイク部分を全て精巧にくり抜くのと、レンズ部分はレンズに傷がつかないように若干の高さを出しています。本当に緻密で美しい限りです。惚れ惚れしますね。

 

MADE IN JAPAN、モノづくりのこだわり

 

MYNUSのケースは、日本の樹脂メーカーが開発した”ABSエラストマー素材”という素材を、世界で唯一採用しています。独自のポリマー配合技術を用いて、このケースのためだけに受注生産している素材だそうです。寸法精度の高さや極めて薄い形状を実現することが可能な素材なので、適度な柔らかさ(しなやかさ)や固さ(割れにくさ)を持っているのが特徴です。

 

また、表面に施されているコーティング技術も日本発で、製造工程の全てを日本の工場で行っているそうです。僕の購入したマットブラックにはラバー調のコーティングが施されていて、これはしっとりとした感触で滑りにくいという特徴があります。

 

 

極薄なので本体サイズほぼそのままの握り心地

 

このケースの前はApple純正のレザーケースを着用していました。この純正ケースももちろん良い商品なのですが、いかんせん厚みがあるので大きくなった本体+αでサイズアップしてしまいます。181センチある僕でもなかなか不便なのです。ですが、このMYNUSのケースはケースが非常に薄いのでiPhone本来の大きさとほぼ同等のサイズ感になるので、握りやすさや操作性が格段に上がりました。おまけにラバー調コーティングのおかげで滑りにくくなりましたしね。

 

Amazonのレビューを見ていると”隙間がある”というレビューが意外と多く見られますが、前回のiPhone 7用も今回のiPhone 11 Pro用も隙間はなくピッタリと装着出来ています。個体差があるのかもしれませんが、そこまで気にする事はなさそうです。パッと見は隙間があるように見えますが、これは隙間というのか?という感じです。

 

 

イマイチなところ

 

 

ほぼ完璧な、理想に近いこのMYNUSのケースなのですが、使ってみるとやっぱり気になる点がチラホラ。

 

手の汚れが目立つ

 

 

これはもう宿命なのですが、マットブラックでラバー調なので、指紋含め手に付着した油汚れが結構目立ちます。ただ、毎回きれいに拭けばそこまで気にならないのですが、新品だからかもしれません。前に使っていた白も汚れには強かったので今回も期待したいところです。

 

薄すぎて守られていないような

 

 

分かりきっていたことなのですが、とにかく薄いので耐衝撃性とかはほとんどなさそうです。スキンシールのような感覚かもしれませんね。貼るタイプじゃなく”ケースタイプ”のスキンシールですね。あまり落とすことないので機能よりも見た目重視ということで。

 

スクショが撮りにくい

 

 

iPhone 11 Proをはじめとするホームボタン廃止されたiPhoneは、スクリーンショットを撮るときに『電源ボタン+音量上げボタン』を押します。なのですが、このケースは電源ボタンはまだ突起があって分かりやすいのですが、音量ボタンは上げる側と下げる側の”境目”に突起があるので、とっさに撮影するときにうまく押せないことがあります。まぁ慣れれば大丈なのですが・・・

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

今日はシンプルでミニマルなMYNUSのiPhone 11 Pro用ケースの紹介でした。

 

created by Rinker
MYNUS
¥4,290 (2021/07/28 22:32:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

僕が購入したマットブラックの他にも、マットホワイトとサンドグレーの全部で3色展開になっています。

 

 

マットホワイト

created by Rinker
MYNUS
¥4,290 (2021/07/29 06:50:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

サンドグレー

created by Rinker
MYNUS
¥4,290 (2021/07/29 06:50:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

マットホワイトは防汚性のあるサラッとした質感の艶消しパールコーティング、サンドグレーはザラザラとした砂のような手触りの砂岩調コーティングがそれぞれ施されています。新色のサンドグレーも気になりましたが、小物を黒で統一していますので今回はスルー。どのカラーもそれぞれ特徴があって、かなり良い出来に仕上がっているようです。

 

シンプルでおしゃれなiPhoneケースをお探しの方、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

それではまた。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク