【ELECOM でか過ぎるマウスパッド レビュー】でか過ぎる安心感。マウスもキーボードも置けるクッション性抜群のマウスパッド

 

けーすけ
ネーミングセンス嫌いじゃありません。

 

どうもこんにちは。プラマケのけーすけ(@PRAGMATICMARKET)です。

 

デスク環境の変化に伴いキーボードやマウスを新調し、デスクまでもDIYで作り上げた現在のデスクですが、無垢材の天板にワトコオイルで色を入れていますので、どうしてもキーボードやマウス使用時の傷なんかが気になってしまいます。

 

あと、夏場などの少し汗ばむ時期なんかは汗による色落ちや色移りなんかも気になってとても仕事にならないんじゃないかと思い、デスクマットを探していました。

 

ただデスクマットまでいくと大き過ぎてキーボードやマウスを乗せても余白が多過ぎてなんだか不恰好。ということで、”大きいサイズのマウスパッド”という謎の検索条件を設けて探していると見つけました。

 

それがコチラ。

 

created by Rinker
エレコム
¥1,018 (2021/05/13 03:20:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

それではいってみましょう。

 

ELECOM でか過ぎるマウスパッド

 

 

パソコン周辺機器やアクセサリーで有名なELECOMの”でか過ぎるマウスパッド”はマウスパッドの大きい版ということで、キーボードやマウスなどを含め、パソコン周辺一帯をマウスパッドとして使用するために作られていて、マウスの操作範囲がとてつもなく広い方にも安心して使えるサイズの超大型マウスパッドになっています。

 

サイズはワンサイズで、カラーはブラックとグレーの2色展開です。

 

created by Rinker
エレコム
¥1,018 (2021/05/13 11:30:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

また、程よい厚みのあるマウスパッドの裏面はラバーになっているのでクッション性も高く、操作時に滑ることもなく、ズレないので快適な作業環境を構築してくれます。

 

ELECOM でか過ぎるマウスパッド|外観

 

でか過ぎるマウスパッドということで、箱もなかなかの大きさ。

 

 

クルクルと丸められたマウスパッドが入っていました。レビューにある”ゴム臭”もほとんどなかったのですが、1週間ほどは重い箱の下に敷いて真っ直ぐになるようにしていました。

 

今回購入したのはブラック。

 

 

購入の1つの決め手となった、同色で控えめなロゴ。他のゲーミング系のマウスパッドなんかはロゴがごちゃごちゃしてますからね。

 

 

サイズは幅600mm、奥行き297mm。

 

 

マウスパッド表面はポリエステル。これはもういわゆる普通のマウスパッドと同じです。

 

 

裏面は天然ラバーを使っています。グリップ性を高めるための特殊な加工が施されています、ギザギザ模様です。

 

 

厚さも4mmと通常のマウスパッドよりも少し肉厚なので、手に掛かる圧力の分散やタイピング時の静音性にも一役買っています。

 

 

created by Rinker
エレコム
¥1,018 (2021/05/13 03:20:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

ELECOM でか過ぎるマウスパッド|特徴

 

 

ELECOMのでか過ぎるマウスパッドの僕が思う特徴は以下の2つ。

 

● サイズが”でか過ぎる”

● とにかくズレない

 

特徴① サイズが”でか過ぎる”

 

なんといっても、マウスパッドなのにこのサイズ。マウスコミコミパッドですね。

 

高級キーボードのHHKBもAppleのMagic TrackpadもLogicoolのトラックボールマウスM575もまとめて乗せれます。

 

関連記事

  けーすけ このヌルヌル感がクセになりますね。   どうもこんにちは。プラマケのけーすけです。   仕事場の作業環境をガラッと変更してから、Appleのトラックパッドを[…]

 

ロゴも目立たない真っ黒でこのサイズとなると、もうこのELECOMのマウスパッドしかないんじゃないかっていうくらい優れた製品です。

 

デスクマットになると合皮を使ったレザー調のものや、表面までラバーっぽいものになってしまいますが、従来のマウスパッドのあのサラサラした手触りで、このでか過ぎるサイズはあっぱれですね。

 

特徴② とにかくズレない

 

外観のところでもお話ししましたが、裏面は天然ラバーを使用していて、しかもそこにグリップ力を上げるための特殊な加工をしているので、作業中にとにかくズレないんです。

 

マウス置くだけのマウスパッドって、製品によってはめちゃくちゃズレますよね。んもう!!ってなりがちなんですが、これはなりません。

 

裏面がしっかりしたラバーなので、重量感が出るのもズレにくさの要因ですね。

 

ELECOM でか過ぎるマウスパッド|イマイチなところ

 

とてもお気に入りなこの”でか過ぎるマウスパッド”なのですが、数ヶ月使用してみて気になるところもチラホラ。

 

この理由で購入しないっていうほどの致命的なマイナス点ではないのでご心配なく。

 

イマイチなところ① 剥がれそう

 

この手のマウスパッドは大体、表面は圧着によって接着されていると思います。

 

もちろんこのマウスパッドもそうですが、縁取りの縫製がないので、使用に伴ってだんだんと剥がれてきそうだということ。

 

まぁ、Amazonで1,000円ちょっとなので、完全な消耗品として購入して使っているので特に問題はないのですが、この手のマウスパッドの永遠の改善点として明記しておきます。

 

イマイチなところ② ホコリが目立つ

 

ブラックの宿命と言えますね。ホコリやゴミが目立つ。とにかく目立ちます。

 

まぁそれは机も汚れてるから毎日の掃除につながるので、個人的には目立たせてくれてありがとう。掃除するわ。というポジティブな気持ちにさせてくれるのでイマイチどころか、むしろ特徴に入れてもいいような。

 

まぁでもほこりは目立ちます。

 

ELECOM でか過ぎるマウスパッド|まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回はELECOMの大型マウスパッド”でか過ぎるマウスパッド”のご紹介でした。

 

created by Rinker
エレコム
¥1,018 (2021/05/13 03:20:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

マウスパッドの使い勝手そのままに、デスクマットになったようなそんなアイテムです。マウスの動きも滑らかで、かつデスクマットとしてデスクの傷や汚れを防いでくれるすごいやつ。

 

キーボードもマウスもトラックパッドも全部がこのマットに収まってしまうほどの大型サイズなので、使い勝手は抜群。あとはたまに使いますが物撮りの黒背景としても意外に使えちゃうのも良いところですね。

 

ということで、普通のマウスパッドに飽きた方、ちょっとだか目のマウスパッドが使いたい方は是非チェックしてみて下さい。

 

それではまた。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク