Amazonプライムの年会費をクレジットカード以外で払う方法まとめ

 

けーすけ
プライム会員、クレジットカード以外でもいけるんですって。

 

 

どうもこんにちは。プラマケのけーすけです。

 

月額500円でめちゃくちゃ充実したサービスが使える『Amazonプライム』。

 

皆さんもう会員になりましたか?

 

先日、こんな記事を書きました。

関連記事

  けーすけ Amazon使う方はプライム会員になることを激しくおすすめします。   どうもこんにちは。プラマケのけーすけです。   先日こんな質問をされました。 […]

 

するとこういう質問がきました。

クレジットカードは持ってないし、なんかクレジットカードは使い過ぎが怖いから作りたくないんだけど、クレジットカードないとプライム会員になれないの?

 

いえいえ、そんなことはございません。

 

先日の記事の中で、”プライム会員になるにはクレジットカードがあったほうがいい”という内容を書きましたが、これはプライム会員の年会費および月額500円の支払いにはクレジットカードが楽で手間もなくていいですよということです。

 

クレジットカードがなくても、プライム会員になれる方法はありますので、ご紹介していきます。

 

 

 

 

まずはAmazonプライムのおさらい

 

Amazonプライムとは、Amazonで買い物をする時に配送料が無料になったり、翌日配送してくれたりと色々と優遇してくれる有料サービスのことです。

 

それに加えて、Amazonプライムの会員になると、映像コンテンツ見放題の『プライムビデオ』や音楽聞き放題の『Amazonミュージック』、容量無制限のフォトストレージサービス『Amazon Photos』などの様々な追加サービスも無料で受けられるというもの。

 

特典満載のプライム会員は有料なんですが、月額か年払いの会費を払うことですべてのサービスが受けられるようになります。

 

月額プラン 年払いプラン
契約更新期間 1ヶ月更新(自動更新) 1年更新(自動更新)
会費 月額500円 年額4,900円
1年間の支払額 6,000円 4,900円

 

サービス内容が神すぎて一度プライム会員になろうものなら一般会員に戻ることはまずないと思いますので、月額払いよりも1,100円もお得な年払い4,900円を支払うことをおすすめします。

 

このAmazonプライムは、有料会員になる前に30日間の無料体験期間があり、この期間内はAmazonプライムのすべてのサービスを使うことができます。

 

無料体験期間を過ぎると自動的に有料会員に切り替えになるという仕組み。

 

無料体験期間中に「思ってたんと違う」とか「月500円払ってまで使う価値ないやん」となれば途中で止めることもできますので気軽に試せるのもいいところ。

 

このプライム会員の年会費を支払うのにあったら便利なのが『クレジットカード』ということなんですね。

 

Amazonプライムの支払い方法は基本的に3つ

 

年会費の支払い方法は基本的に3つ。

 

クレジットカード

大定番の支払い方法ですね。

 

 

お手持ちのクレジットカードを登録して支払います。月払いなら毎月、年払いなら年に1回引き落としされます。

 

クレジットカードをお持ちでない方は、『Amazon MasterCardクラシック』がおすすめ。

 

このカードを作れば、プライム会員の年会費の支払いはもちろん、Amazonでの買い物の時にもお得になります。

 

一般会員が買い物の時にこのカードを使っても、ポイント還元率は1.5%なんですが、プライム会員が使うと2%にまで上がります。

 

毎回2%です。すごい還元率ですよね。

 

 

しかもAmazonで”タイムセール祭り”と同時に定期開催される『ポイントアップキャンペーン』では、さらにポイントアップが可能になります。

 

このポイントアップキャンペーンの時は、”プライム会員+Amazon Mastercardクラシック+Amazonのアプリ”の組み合わせで7%のポイント還元が受けられます。(Amazon MasterCardゴールドなら最大7.5%の還元になります。)

 

けーすけ
もう何がなんだか。

 

Amazonギフト券

昔は出来なかったけど最近できるようになったギフト券での支払い。

 

Amazonギフト券とは、コンビニでよく見かけるコイツ。

 

 

コンビニのレジに持っていき『4,900円入金してください』と告げればOK。

 

真ん中の写真の5,000円分を購入してもいいし、左のバリアブルと呼ばれる”1,500円から10,000円までの間で好きな金額をチャージできる”カードに4,900円だけ入金してもらっても、どちらでも構いません。

 

もちろん、Amazonでの支払いに使えるので10,000円分購入して年会費以外で余ったお金は普通にAmazonでの支払いに使えますので、お好きなカードを購入してください。

 

ただし、5,000円や10,000円のギフト券に『○○円入金してください』は出来ませんのでご注意を。

 

 

キャリア払い(docomoとauのみ)

キャリア払いというのは、スマートフォンの利用料金と一緒にAmazonでの商品購入代金やプライム会員費を支払う方法。

 

今のところはdocomoの”d払い”かauの”auかんたん決済”のみ対応しています。

 

 

それ以外のキャリアの方は、クレジットカードかギフト券での支払いになってしまいます。

 

これ以外にも

 

基本的にはこれまでに紹介した3つの支払い方法で皆さん対応できるかと思いますが、その他にも支払う方法が何点かあります。

 

Paidy翌月払い

Paidyとは、オンラインショップで使える最もかんたんな決済サービスで、このPaidyを使ってAmazonの商品代金やプライム会費の支払いをすることができます。

 

 

Amazonの支払い画面に氏名とEメールアドレス、携帯電話番号を入力するだけで登録は完了し、後払いですぐに買い物が出来るというもの。(ただし登録時にSMS認証があります)

 

翌月10日までにまとめて支払うことで決済完了になります。

 

支払い方法は、コンビニ払いと銀行振込と口座振替(口座振替は翌月12日の引き落とし)の3つなので、クレジットカードがなくてもAmazonプライム会員になれるということですね。

 

パートナーポイントプログラム

JCB発行のクレジットカードで貯まるポイント『Oki Dokiポイント』。

 

このJCBオリジナルのポイントを使って支払うことが出来ます。

 

ただし、Oki Dokiポイントの貯まるJCB発行のクレジットカードをAmazonの支払いクレジットカードに登録することが条件になりますので、実際のところはポイントで支払えるというより、クレジットカードでの支払いで貯まったポイントで、会費を払うという感じ。

 

もしOki Dokiポイントがたくさんあるならクレジットカードの登録だけしておくと良いかもしれません。

 

バンドルカード

ここ最近、知名度の上がってきたバンドルカード。

 

年齢や資格などの制限がなく、一種のクレジットカードのように使うことができる新しい決済サービスで、クレジットカードを保有することが難しい中高生や高齢者などから、バンドルカードは高い人気があります。

 

アプリで発行できるバーチャルカードと、追加料金を払うことで発行されるリアルカードの2種類あります。

 

このバンドルカードを使えば、『定期支払・定期購読』への支払いができないAmazonでもAmazonプライムだけは申込みが可能となっています。

 

注意点としては、入会と同時に引き落としされるので、あらかじめ必要な金額を入金しておく必要があります。

 

Amazon Studentではデビットカードも使える

 

学生向けのAmazonプライム『Amazon Student』ならクレジットカード支払い、キャリア支払いの他に、デビットカード支払いにも対応しています。

 

Amazonプライムの学割版でもあるこのAmazon Studentは、通常のプライム会費の半額で利用することができるので、学生さんでAmazonユーザーという方は間違いなく申し込みした方がいいです。

 

けーすけ
年間2,450円でプライム特典全部は入らない意味がわからない。

 

しかも、Amazonプライムの無料体験期間が30日間なのに対して、Amazon Studentの無料体験期間はなんと6ヶ月間。

 

 

半年も無料で体験できるんです。ヤバすぎ。

 

ということで、学生さんに関しては、デビットカードでの支払いも可能ということです。

 

デビットカードというのは、銀行口座にある残高以上は使えないようになっているカードで、自分の銀行口座に紐づいたクレジットカードといった感じですので、使いすぎることはありませんので安心できる一方、口座にお金がないと使えないという不安もあります。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

Amazonプライム会員になりたいけどクレジットカードは持ってない、作りたくないという方向けに、クレジットカード以外の支払い方法をまとめてみました。

 

クレジットカードは確かに便利ですが、使いすぎや支払いタイミングが1ヶ月先ということでなんか怖いというという気持ちは良くわかります。

 

最近ではギフト券やスマホ代と一緒に払う支払い方法も可能になってきていますので、この機会にめちゃくちゃ豊富なサービスが受けられるAmazonプライムに入会してみてはいかがでしょうか。

 


 

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク