【AirPods Pro用ダストガードレビュー】AirPods Proケースの内部汚れを防ぐ金属製の防塵シート。

 

けーすけ
AirPodsのケースの汚れ何とかなりませんかね。

 

 

どうもこんにちは。プラマケのけーすけです。

 

最近使い始めたAirPods Proですが、先代のAirPodsの時から感じていた『ケース内部の汚れ』を解消してくれそうなアイテムを発見しましたので購入してみました。Amazonで1,000円しないくらいだったかな。

 

それがコチラ。

 

ではさっそく見ていきましょう。
AirPods Proケースの内部までしっかり保護したいという方必見です。

 

 

 


汚れの原因は『金属粉』

 

先代のAirPodsのケース内部の様子がコチラ。

 

 

結構汚れています。

 

特に汚れるような環境で使った記憶もないのにこの汚れはなんなんだ・・・

 

色々調べていると判明しました。それは『金属粉』。

 

AirPodsシリーズは、イヤホン本体の収納やケースのフタの開閉に”磁石”を使用しています。そのため長い期間使用していると金属製の粉が磁石の力によってケース内部に溜まっていきます。これが汚れの原因です。

 

この金属粉ですが、実際にAirPodsを使っている方なら分かる方も多いかと思いますが、なんせ取れないんです。ウエットティッシュのような濡れたものでも全部は取れません。

 

新品状態を維持することがとても難しいので、『だったら予防しよう』という結果に至りました。

 

開封していきます

 

コチラが今回購入したダストガード。

 

 

この手のアイテムは数多く出品されていて、どれにしようか迷ったのですが、今回はNN.ORANIEさんの製品。

 

ダストカバー本体が3セットとドライタイプとウェットタイプのクリーニングクロスが3セット入っています。

 

 

貼るのを失敗しても、複数セットあるので心強いですね。ありがたいです。

 

 

貼り付けは簡単

 

貼り方はとても簡単で、付属のクリーニングクロスでAirPods Proのケースをきれいにして、カバーを貼るだけ。

 

 

カバー自体は透明のフィルムに貼られていますので、その透明のフィルムからは剥がさずにそのまま貼り付けた方が貼りやすいです。

 

 

上下左右のバランスを見ながら貼り付けていきます。

 

 

もう片方も同じように・・

 

 

完成です。

 

しっかりとケース本体に貼り付けできていなかったようで、1セット無駄にしたのは内緒ですが、意外と簡単に貼ることができました。

 

0.02mmの極薄設計

 

 

 

この製品の特徴として、極薄設計だということ。

 

なんと0.02mmということでかなりの薄さ。他の製品だと、0.03mmや0.04mmの厚さのものが多い中、この薄さは非常に優秀ですね。

 

この薄さのおかげでAirPods Proのケースの開閉にも干渉しません。カチッと閉まります。

 

 

カラバリも豊富

 

僕が購入したのは『シルバー』単色の3枚セットなのですが、この他にも『ブラック』単色の3枚セットと、『シルバー』『ブラック』『ローズゴールド』の3枚セットも販売しています。

 

個人的には『シルバー』一択だったのですが、ブラックも引き締まった印象になってカッコ良さそうですね。

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回ご紹介したのはNN.ORANIEさんのAirPods Pro用のダストガード

 

 

1,000円ちょっとでAirPods Proのケースに付く金属粉を防いでくれるアイテムです。

 

これを装着することで、先代のAirPodsの時のように目に見えて汚れが付いたりする事もないので、買って良かったなと実感しています。外側のケースを購入する方は多く見られますが、この内側にはるダストカバーも併せて購入する事で、お手持ちのAirPodsを長くきれいな状態で使用することができるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク