Ankerの全部入りハブ「Anker PowerExpand+」

この類の「全部入り」というのは、やはり正義。

どうもこんにちは。

先日MacBook AirからMacBookに乗り換え、毎日仕事で持ち歩いてパチパチしているのですが、電池持ちもいいし、Airよりも軽いし、素晴らしく薄いし、特に言うことはないのですが、あえて言わせていただきたい残念な点がひとつだけ。

購入時から分かっていました。なんなら、この問題に対してむしろ別に大丈夫、受け入れてあげちゃう。とさえ思っていたのですが、実際にMacBookを使ってみて、実用面からみてもやはりこの問題からは逃げれませんでした。

そう、「有線接続できるポートがUSB-Cポート1つしかない」問題です。というのも、これからのデジタル社会において、ガジェットやスマホやPCに至るまで、どんどんとUSB-Cで統一されていくことは間違いないことだと思うのですが、正直、世の中がまだまだ対応しきれていないこと。USB3.0とかHDMIとかMicroUSBとか。多様な規格のポートに接続しないといけないんですよね。

なので、MacBook購入から約2ヶ月が経ちましたので、そろそろ「ハブ」の購入を。ということで色々と探しました。

今回、ハブを買うにあたり「これは必要だな」と「欲しいな」と思ったのが、HDMI端子SDカードスロット。SDカードスロットに関しては、先日SONYのミラーレス一眼のα6000を購入しましたので必須。HDMIに関しては、現状、早急に必要ではないのですが、会議やプレゼンなど行う場面に出くわす可能性も増えて来ることが予想されますので、一応ということで。

そこで見つけたのがコチラ。


 

 

Anker PowerExpand+ 7-in-1
そう。皆さんご存知の「ANKER」です。ほんと色々悩んで悩んで今回はこいつにしました。モバイルバッテリーやら何やらでも色々とお世話になっているので、問題ないでしょう。という結論。「SATECHI」とMakuakeで商品化された「HyperDrive」と最後まで悩みましたが、機能と価格からANKERに決めました。
専用ケースも同梱されていました。シンプル設計で素晴らしいですね。

 

 

なんてったて、全部入りだもの。

 

この「PowerExpand+」ですが、なんと1台7役の優れモノ。早速見ていきましょう。
側面の1つ目はUSB-Aポートが2口。世の中USB-Cにどんどん切り替わっていってますが、まだまだ現役のUSB-A。手持ちのケーブル類もまだ買い替えきれてないのが現状ですのでこれは助かります。
反対側の側面はこんな感じです。
左から、①HDMI端子、②SDカードとmicroSDカードスロット、③USB-Cポート。
  1. HDMI・・・4K 30Hz対応で大型モニターやテレビなどでも高画質でコンテンツが楽しめます。
  2. SD / microSD・・・フォトアルバムや音楽プレイリストなどを5Gbpsの高速データ転送で同期することが可能。
  3. USB-C・・・PD(Power Delivery)対応。データ転送やHDMI接続などハブとして使用しながらも、MacBookに最大48Wまでの高出力でフルスピード充電が可能。

最後は高速のイーサネット接続。地方のホテルなどでは未だにLANケーブルでのネット環境しかないところもあるのが現状。そんな時、このイーサネット接続が大活躍です。インターネット回線(最大速度1Gbps)へ即座にアクセスできちゃいます。使用頻度は限りなく低いと思いますが、備えあれば憂いなし。

 


 

サイズと重さ。
気になる大きさですが、メーカー公式サイトに記載されている製品仕様だと、サイズは約「117 × 53 × 16 mm」、重さは約「114g」とのこと。
どんなもんかイマイチだと思いますので、僕のiPhone7と比べてみます。こんな感じのサイズ感。
手に持ったところ。こう見ると結構大きいのか??
厚みはこんな感じです。イーサネット接続ポートのせいで、少し厚みが出てますね。これがなければもう少し削れたような印象。
重さに関しては、約114gということで少し重いかな?と思ってましたが、手に持った感じだとそこまで気にはなりません。ちなみにSATECHIのV2スリムだと約50g、充電用パススルーのマルチハブで約73gということで、同等の商品と比べると少し重たいのかな?といったところ。

 

MacBookに装着してみた。
さっそくですが、MacBookにガチャコンっと装着。カラーがグレーということで、僕のシルバーMacBookとは少し違いますが、これもまたよし。サイズ感はやはり少し大きめな印象。全部入りなので仕方のないところではありますね。個人的には好印象です。

 

さて、今回はANKERの全部入りハブ「Anker PowerExpand+」の紹介でした。
最近はUSB-C関連の商品もたくさん出てきていますが、
ここまで盛りだくさんで様々な規格に対応したハブはまだまだ少ないのが現状です。これだけのポートに対応しているハブですので、バッグの中に忍ばせておけば、いざという時の心強い味方になること間違い無いですね。MacBookユーザーの方もそうで無い方も、ぜひ一度チェックしてみてください。
最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク