新型iPad Air発表。初代iPad Proユーザーの僕が現行iPad Proか新型iPad Airどちらが”買い”なのかを考える。

 

けーすけ
僕が買うなら間違いなく新型iPad Airですね。

 

どうもこんにちは。プラマケのけーすけです。

 

発表されましたね。デバイス関連ではiPadがAirと無印の2モデル、Apple Watchがseries 6とSEの2モデルが発表となりました。Apple公式サイトにもすでに登場していますので、詳しいスペックなどはApple公式サイトを確認していただければと思います。

 

実は現行iPad Proが発表された時も買いなのか待ちなのかという記事を上げたのですが、その時も結局購入はスルーしました。2018年モデルからの大幅なアップデートが無かったのと、2020年秋に新型のiPadが発表される情報が出回っていたからです。そんな中、今回予想通り新型iPad Airが発表されたわけです。

 

あわせて読みたい

  けーすけ ここ最近、作業はもっぱらMacBookだけです。   どうもこんにちは。プラマケのけーすけです。   3月18日の21時ごろ、AirPods Proの時のよ[…]

 

なので今日は、そろそろ新しいiPadを欲しい僕が、2020年モデルのiPad ProとiPad Airならどっちを買うか。という視点で比較なんかを交えつつ、簡単に紹介していきたいと思います。

 

それではいってみましょう。

 

 

 


 

新型iPad Airの特徴

 

画像引用:Apple公式サイト

 

今回発表されたiPad Airですが、個人的におすすめポイントがこの3つ。

 

  1. USB-C端子になった
  2. フルスクリーンなのにTouch ID搭載
  3. 最新チップのA14搭載

 

AirにもUSB-C搭載

 

画像引用:Apple公式サイト

 

iPad Proに続き、iPad Airもようやく”脱”ライトニングしましたね。長かったですね。これでようやくiPad Proと同じようにハブを繋いで写真の取り込みや外部ディスプレイに繋いだりと色々と作業の幅や拡張性が広がりますね。

 

Touch ID継続

 

画像引用:Apple公式サイト

 

Face ID全盛期の昨今ですが、コロナの影響でマスク着用することが多くなり、外出先での運用時にFace IDが上手く機能しない場面があります。iPhone 11 Proユーザーの僕としてもロック解除がスムーズに行かずモヤモヤする場面が・・・

 

新型iPad Airもホームボタンが廃止となり、フルスクリーンになって一見Face IDに変更したのかと思いきや、画像のように電源ボタンにTouch IDが搭載されるようになりました。これなかなか革新的ですね。普段iPad使ってて電源ボタンに触れることはほとんど無いのですが、Face IDで上手く認識されないストレスからは解放されそうです。

 

最新のA14チップ

 

画像引用:Apple公式サイト

 

2020年モデルのiPad Proに搭載されているのはA12Z Bionicというチップになります。プロ向けのデバイスよりも高性能のチップを搭載したiPad Airは、1世代前のモデルに比べて

 

  • コンピューター全体の計算処理を行うCPUが40%速く

  • 3Dグラフィックスなどの画像描写に対する処理を行うGPUが30%速く

 

なり、性能が向上しました。まだ実際に使ってないので分かりませんが、おそらくA12Z Bionicよりも高い性能を誇るチップなのではないかといわれています。

 

画像引用:Apple公式サイト

 

 

その他の特徴

 

上記以外にも、

 

  1. 第2世代のApple Pencilが使える
  2. 新色3カラー追加(ローズゴールド、グリーン、スカイブルー)
  3. MagicKeyboard対応

 

など、もうiPad Proと遜色ないモデルになっています。

 

iPad Proに比べて劣るところも

 

画像引用:Apple公式サイト

 

大変身を遂げた新型iPad Airですが、それでもiPad Proと比べて劣る部分もあります。

 

それが、

 

  • ディスプレイのリフレッシュレート
  • カメラの個数
  • スピーカーの個数

 

です。軽く深めていくと、

 

リフレッシュレート

 

リフレッシュレートとは、1秒間に何回画面が書き換わったかを図る数値です。目安は60Hzと言われています。普通人間の目では分からないほど高速なのですが、このリフレッシュレートが遅くなると画面のチラツキなどを感じてしまうようになります。

 

ですので、ディスプレイ選びの時はなるべく高いリフレッシュレートを選ぶようになるのですが、iPad Proは120Hzなのに対し、iPad Airは60Hzとなっています。目安と同じなので可もなく不可も無くといったところですね。

 

カメラの個数

 

背面にあるカメラですが、2020年iPad ProはiPhone 11 Proにも採用されたウルトラワイドレンズが搭載されました。いわゆる超広角レンズです。これが搭載されたことによって、レンズ2つ搭載のiPadとなりましたが、今回のiPad Airに関してはmiPhone SEと同じカメラ1つのみの搭載となります。

 

個人的にiPadでガンガン写真撮ることはないので、この差別化に関しては全くきにもなっていません。

 

スピーカーの個数

 

iPad Proには合計4つのスピーカーが搭載されています。”Pro”の何ふさわしい玄人向けのデバイスで、動画編集などを行う人が好んで購入するようなデバイスですので、4つものスピーカーが搭載されました。今回のAirに関しては従来通り2つのみ。

 

しかし、カメラ同様に性能とはあまり関係ないので、個人的には問題なし。AirPods Proつけて動画見たりすることが多いですしね。

 

僕が買うならこんな内容

 

画像引用:Apple公式サイト

 

 

買うかどうかはまだ未定ですが、僕が購入するならこんな感じです。

 

けーすけ
初スペースグレーの筐体です。

 

容量に関しては、64GBと256GBの2モデルしかないので心許ないですが64GBです。用途としては、出張などでPC使うほどの作業はないけど軽くブログ書いたりメールの返信したりブラウジングしたりする程度なので、モリモリじゃ無くても大丈夫という判断です。写真現像とかもしますが、ローカル保存はしないので64GBで十分。

 

初代iPadの下取り見積もりが18,000円なので、下取りに出したとしてそのお金で第2世代のApple PencilとKeyboard Folio購入の足しにします。

 

まとめ

 

 

画像引用:Apple公式サイト

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回発表された新型iPad Airですが”ウサギの皮をかぶったオオカミ”という印象の強いモデルとなりました。性能と価格のバランスが完全に破壊された形となりましたね。

 

新型iPad Airと2020年モデルの現行iPad Proどちらが買いなのか。

 

個人的な結論は、新型iPad Airです。

 

ただし、11インチのiPad Proと比較している方に限ります。12.9インチのiPad Proになるともう別物になりますので。

 

ということで、僕個人としては初代iPad Proユーザーなのでそろそろ購入してもいいかなと思える機種が出たなーという印象です。iPadライトユーザーなので、無印iPadではちょっと物足りないけど、Proを使いこなすほどでもない。ちょうどそんなポジションにいますので、今回かなり心揺さぶられています。

 

10月発売ということなので、あと半月ほど悩んでみたいと思います。

 

それではまた。

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク