【月刊プラマケ】2021年12月を振り返る|What I bought.

けーすけ
ここ数日の寒さハンパないですね。

 

どうもこんにちは。プラマケのけーすけ(@PRAGMATICMARKET)です。

 

12月も残りわずか、2021年も残すところ数日。ここ数日の寒さが身に染みる今日この頃ですが、なんとか頑張っていきましょう。

 

年内の出張も全て終わりましたが、本業がEC関係ということで仕事納めはありませんので、12月31日が仕事納め、1月1日が仕事始めという何とも言えない年末年始のスケジュールになっております。

 

体調に気をつけながら残りの数日も頑張っていきたいと思います。

 

ということで、今月も月刊プラマケやっていきます。

 

毎月初旬の恒例企画でもある『月刊プラマケ』では、先月に買って紹介したものを中心に、欲しいモノや行ったところ、したいことなどをつらつらと書き連ねる、そんなゆるい内容になってます。

 

どうぞ最後までお付き合いください。

 

それではいってみましょう。

 

 

買ったモノ

 

NIMASO プライバシーガラスフィルム

 

 

ガラスフィルムといえばこのNIMASOと言っても過言ではないほどにお世話になっているブランドです。

 

 

今回、久しぶりにプライバシーガラスフィルムを購入してみたのですが、良いですね。貼りやすさはもちろんフィルム表面の質感や指紋のつきにくさ含め最高。

 

唯一の欠点といえば、ベッドで横になってスマホを見るときにめちゃくちゃプライバシー保護されてるので見えないのが残念ですね。

 

関連記事

  けーすけ ベストオブガラスフィルム。   どうもこんにちは。プラマケのけーすけ(@PRAGMATICMARKET)です。   つい先日発売となったAppleのスマート[…]

 

UCO フラットパックグリル S

 

 

ソロ用の焚火台として選んだのがこのUCOのフラットパックグリルのSサイズ。

 

 

焚き火はもちろん、軽くベランダで肉や魚を炭火で焼く用にぴったりなサイズ感で普段使いでかなり重宝する焚火台。10秒で組み立て可能、薄型で専用の収納ケースもついてるので持ち運びのしやすさが特徴です。

 

 

ただ、コンパクトすぎるのでガッツリ焚き火を楽しみたいとか、ガッツリ調理したいとかっていうのには向いてません。使う人によってはものすごく中途半端なサイズなので、購入は注意してください。

 

僕の場合はサブの焚火台として購入しておりますので、使い勝手抜群といった感じです。

 

関連記事

  けーすけ 庭キャンプにもぴったりのサイズ感。   どうもこんにちは。プラマケのけーすけ(@PRAGMATICMARKET)です。   苦手な冬を迎え、寒さのせいでベラ[…]

 

買ったモノ|番外編

 

ワークマン ワークグローブ

 

 

焚火用の手袋としてコスパの良いと評判のワークマンの牛床のオイルレザーを使った手袋で価格はなんと800円。

 

各部の縫製もとてもしっかりしているので、初めての焚火用手袋にピッタリですね。

 

 

実際に燃えている薪や炭、熱々のスキレットなど持ってみましたが、普通に触れるし持てるしで最高です。

 

One Tigris スーパーシェルター BLACK ORCA 2.0

 

 

11月末のAmazonのブラックフライデーセールで20%OFFになってたので購入したのがOne Tigris(ワンティグリス)のソロ用パップ風テント。

 

 

寒すぎて全く設営する気がしないので、もう少し暖かくなったら庭でとりあえず設営してみたいと思います。

 

グランドシートやポールなんかは付属していないので、別途購入する必要があるので少し不便ですが、コンパクトで車に放り込んでおくだけで良いのが最高です。

 

早く暖かくなれー。

 

モーラナイフ コンパニオン ヘビー デューティー ブラック

 

 

アウトドア、キャンプの定番ナイフといえばこのモーラナイフ。

 

created by Rinker
モーラナイフ(Morakniv)
¥2,860 (2022/12/09 01:27:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

もともとはカーボン素材のものしかなかったのですが、ステンレス素材のモデルが発売になりまして一気に身近なものになりましたね。

 

薪を焚火用に燃えやすいように細くするバトニングという作業用に購入しましたが、頑張れば調理にも使えます。刃の厚みがあるので使いませんが。

 

定期的に研いであげれば長く使えますので、定番の一本として持っておくと便利なアイテムですね。

 

WHATNOT ワンタッチバケット

 

 

金物の産地でもある兵庫県三木市に拠点を構えるアウトドアやDIYアイテムを扱うWHATNOT(ワットノット)の収納コンテナ。

 

 

600デニールのポリエステル素材が使われていて、折り畳みも出来るタフなバッグなので、アウトドア用品や薪、工具なんかの収納にもってこい。しかも価格が1,800円程度なので、複数買いも出来るのが嬉しいですね。

 

個人的な使い道としては、車に積みっぱなしにしないキャンプ道具を収納してその都度、家の中に持って上がる調理器具や調味料関係の収納に使っています。

 

もう一つ購入予定です。それくらい便利。

 

貝印 関孫六 ペティナイフ

 

 

貝印の包丁”関孫六”シリーズの刃渡り120mmのペティナイフ。

 

 

キャンプ用の包丁として選んだのが関孫六のペティナイフ。刃渡り120mmですが野菜も肉も魚もオールマイティにカットできる万能な包丁です。

 

オピネルという選択肢もありますが、やっぱり包丁には勝てない、使い勝手は包丁に軍配が上がるだろうということで使い慣れた包丁一択でした。

 

歯が丸出しですが、さすがAmazon。売ってますね。専用設計のレザーの鞘が。セットで購入すれば持ち運びの問題解決ですね。

 

 

欲しいモノ

 

12月は買い物しすぎましたが欲しいモノはどんどん出てきますね。

 

無印良品 バーを自由に調節できる ハードキャリーケース(20L)

 

画像引用:無印良品公式サイト

 

 

今使ってる機内持ち込みができるキャリーケースのサイズがまだ微妙に大きいのでもう少し小さいキャリーケースがそろそろ欲しいなぁということで、無印の20Lのハードキャリーケースが欲しいところ。

 

 

キャリーケース本体の素材をポリカーボネート100%にしたことで、前モデルから10%以上の軽量化に成功。しかもキャリーバーは無段階調整が可能、静かで走行性に優れた大きめの双輪キャスターを採用、TASロック搭載、キャスターロック機構も搭載と至れり尽くせりなキャリーケース。

 

1泊や2泊の出張がほとんどなので、荷物の少ない僕にとってはこのサイズがベストサイズ。ただ12,000円はなかなか高価な買い物ですね。

 

要検討。

 

やったコト

 

鹿児島県産の福永牛のサーロインステーキ

 

 

年の瀬ということで鹿児島県の福永牛のサーロインステーキを頂きましたので、会社の駐車場でサクッと焼いてステーキ丼にしていただきました。

 

もうね、肉質の次元が違いすぎておれは何食ってるんだろうか??と一瞬頭の中はお花畑。

 

残り一枚も美味しく頂きました。来年は赤身をお願いします。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

12月は番外編多めでお送りしましたが、基本的に番外編で紹介したモノの中で使って良かったものを深掘りして紹介していく感じになりますので来月は何アイテム紹介されるのか、その辺りも楽しみにしていただければと思います。

 

今月のベストバイは!!!

 

 

大事なプライバシーをガッツリ守ってくれるNIMASOのプライバシーガラスフィルムです。

 

 

職場や出張先はもちろん、電車やバスでの移動中なんかに見られたら困るやりとり、作業なんかをする時にオススメなガラスフィルムです。

 

横からの視線を機にすることなく、スマホで閲覧できるのは最高ですね。それでも全方位から見られないというわけではありませんので使う際は自己責任でお願いします。

 

それではまた来月の月間プラマケでお会いしましょう。

スポンサードリンク