大阪で一目惚れした「lemma」のスライドキーケース。

久しぶりにビビビッときましたよね。

どうもこんにちは。プラマケのけーすけです。

先日の大阪出張の際、帰りのバスまで時間が空いたので、大阪駅周りをウロウロしていたんですが、LUCUA1100(ルクアイーレ)にある「FREE SPIRITS」さんというショップで久しぶりに一目惚れをしたアイテムがありましたので、即購入。

今日はそのアイテムをご紹介したいと思います。

 

 

___________________________________________

 

Lemma スライドキーケース

今回購入したのが、Lemmaというブランドのスライドキーケース。

このブランドは神戸に本拠地を置いているようで、日本の職人さんが最高級の素材を使い、最低価格で提供すると言うなんとも粋なブランドです。

 

キーケースといえば、本来「鍵を収納するもの」という役割なのに、余計な金属がジャラジャラと付いていたり、やたら大きかったり。本来の役割、使いやすさとは無縁のアイテムが多く存在しています。

そんな中で出会ったこのスライドキーケースは、本当にシンプルで、「鍵を収納するため」に作られたようなアイテムでしたので、思わず手に取ってしまい、そのまま購入しました。

 

高品質なイタリア産レザー。

イタリアの高級レザー「ブッテーロレザー」を使用し、その革を2mmほどの厚さにすることでハリ感のある仕上りになっています。厚みのある革なので、長く使っても革がヘタリにくく、毎日使っても革のハリが保てるのは嬉しいですね。

ブッテーロレザーとは、牛1頭から採れる量が非常に少ない希少性の高い革で、イタリアを代表する「オイルスムースレザー」です。使い込むことで革の色や風合いが変化する経年変化が魅力的で、革好きの方々からの人気も絶大。

また留め具には、真鍮が美しいイタリアのpyrm社のホックを使用しています。使い始めからアンティーク加工が施されたような、いい意味で鈍い輝き。

ホックを外して中を見ると、

革本来の風合いを感じて欲しいということで、裏革をあえて貼らず、バックスキンの毛羽立ちを抑える加工のみを行っています。このおかげで余計な加工をしなくて済むので、軽量化にも繋がっています。

 

手のひらサイズのコンパクトさ。

キーケース本来の役割でもある「鍵の収納」を見事に体現した形状で、非常にコンパクトに作られています。

サイズは筒状にして、縦7cm、横3.5cm、厚みが約2cm。最近あまり見なくなりましたが、100円ライターとさほど変わらないサイズ感です。ホックを止めた時に筒状になるので、鍵を装着してもサイズが変わらないのは嬉しいポイント。女性も片手で扱える大きさになってますね。バッグに入れなくても、服のポケットでも邪魔にならないサイズ感なので、ちょっとそこまでのお出かけにもぴったり。

鍵の装着可能本数で言うと、2〜3本。僕は家の鍵が2本なのでこれ以外の鍵はありません。ですが、2本しか装着しなくてもフォルムが決まっているので形崩れすることもなく、綺麗なフォルムを保ち続けることが可能です。素晴らしい。

 

プレゼントにぴったりのカラーバリエーション。

このlemmaのキーケースですが、カラーバリエーションが非常に豊富で、プレゼントにも最適。

僕が購入したカラーはキャメルなんですが、その他にもグリーン、ネイビー、ブラウン、トープ、ワイン、ブルーと様々なカラーがあります。

ネイビーはブラックに非常に近い色味で、ブルーが従来のネイビーカラーの色味ですね。今回僕はブラックが無かったのでキャメルにしましたが、トープも絶妙なカラーリングでした。女性へのプレゼントにも良いかもしれません。

このキーケース、サイズが2種類ありまして、サイズ感が微妙に違いますので、簡単に表にまとめておきます。

サイズ Sサイズ Mサイズ
外寸(折り畳み時、鍵未収納時) 縦7cm × 横3.5cm × 厚み 2cm 縦7cm × 横4cm × 厚み 2.5cm
重量 約16g 約17g
収納本数 2〜3本 4〜6本
素材 ブッテーロレザー ブッテーロレザー
カラー ブラウン、トープ、ブルー、ワイン

キャメル、ネイビー、グリーン

ブラウン、トープ、ブルー、ワイン

キャメル、ネイビー、グリーン

表にしてみると、SサイズもMサイズも大差ないですね。お手持ちの鍵の本数で、どちらにするか決めてしまいましょう。

 

鍵のつけ外しが簡単。

では実際に、鍵を装着していきたいと思います。

まずはキーケースを開いて、

上部にあるネジを外します。このネジは指でつまんで外せますので、女性の方でも簡単にできるかと思います。もし硬くて外せない場合は、ネジ先端に溝があるので、マイナスドライバーなどで回してみてください。

ネジを外すとこんな感じ。

この時、「ワッシャー」と言うネジの緩みどめの小さいパーツが一緒に止まってますので紛失に注意してください。

この左側のやつですね。

ネジを外したら鍵を通します。

通したら、ネジをして完了。

最後の締め付けは、少しキツめに閉めたほうがいいかと思います。ネジの緩みのないように。

実際に、鍵を出して留め具を止めることはないですが、イメージだけ。こうすると鍵の持ち手にもなるので使いやすかもしれませんね。

ちなみに、僕の持っている鍵の厚みは2本とも約2mmです。同じ厚みの鍵ならもう1本はとめれるくらい余裕がありますので、やはり3本がMAXですね。

 

まとめ。

いかがでしたでしょうか。

今日ご紹介したのが、「lemma スライドキーケース」です。このブランドについて色々と調べてみたのですが、ブランドコンセプトが3つあって、

  1. 神戸から世界に羽ばたくブランド
  2. 女性から男性へのプレゼント
  3. 日本の職人が作る高品質で最低価格を実現

というコンセプトのもと、内面も外面もかっこいい男性を増やしたいとのことです。

僕が購入した「FREE SPIRITS」さんでは、名入れも行ってくれるようなので、プレゼントに最適だと思います。価格はSサイズもMサイズも1,500円しないくらいなので、あまり深く、重く考えずにプレゼントできるのもいいですね。楽手市場にも出店しているようなので、実際に店舗に買いに行けない方にも、名入れ加工ありで購入できるみたいです。「FREE SPIRITS」さんのリンク貼っておきます。

Mサイズ


Sサイズ

経年変化が非常に楽しみなlemmaのスライドキーケース。
クリスマスは終わってしまいましたが、バレンタインデーのチョコに添えるプレゼントとして、いかがでしょうか。
本日もありがとうございました。
最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク