経年変化が楽しみなApple純正のレザーケース。

レザーの経年変化のように、味のある大人になりたいものです。

どうもこんにちは。プラマケのけーすけです。

最近入手した『iPhone11 Pro』ですが、それと同時にケースも入手しましたので紹介したいと思います。

今回選んだのは、Appleの純正レザーケースの「サドルブラウン」。実は、ケースはこれ一択。と決めていたのであっさりと決定。経年変化を存分に楽しめる明るめのレザーということで、色味はこれにしました。他の小物との色味合わせの関係でブラックと迷ったのですが、どうしても誘惑に勝てず。


 

___________________________________________

 

Apple iPhone 11 Pro レザーケース

今回入手したのがコチラ。純正のレザーケースのサドルブラウンです。

アップルの純正ケースは、レザーも含めいろいろなカラーが販売されています。定番カラーのブラックやこのサドルブラウン以外にも、イエローやラベンダー系の女の子ウケしそうなパステルカラーまで様々。

ただ、毎日毎日、長時間手に触れているものなので、普通に考えれば「汚れ」ます。なので、汚れがなるべく目立たない、いや、汚れてもその変化が「味」に変わる、そんな色味がよかったので、フラックと迷いましたが、サドルブラウンを選びました。

さっそく取り出していきましょう。

ブラウンというか、キャメルに近い色味。結構薄めなブラウンですね。匂いも良いですね。

ヨーロピアンレザーに特殊な鞣し(なめし)と加工を施しているので、手触りもすごく滑らかで柔らかいです。

『iPhone 11 Pro』はカメラの部分が従来のものとは違い、スクエア状になりましたので、ケースもそれに合わせてスクエア状にくり抜かれています。

ケースの内側は、本体を傷つけないようにマイクロファイバーを使用。触り心地も抜群。

刻印もバッチリ。

サイドの電源ボタンとボリュームボタンの部分は、機械加工されたアルミニウムを使用。このボタンカバーがまたレザーの色味ともマッチしていてカッコイイですね。

ボリュームボタン側と

電源ボタン側。

一体感すごくないですか?すごく自然な仕上がりです。

実際にiPhoneを装着してみました。

スクエア状にくり抜かれたカメラ部分がどうしてもブサイクになってしまいますが、これは仕方ありませんね。

ただ、このカメラ部分のカスタムシールが売られてますので気になる方は要チェックです。


個人的にはカメラレンズ保護用のシールが欲しいところなので、何かいいの見つけたらまた紹介したいと思います。

本体下側の充電ポートやスピーカーがあるところは、ざっくり大きく空いていますので、ボディ剥き出し。

純正以外の充電ケーブルなんかも挿しやすいですが、傷つきやすいというデメリットもありますが、着脱のしやすさを考えるとこの形状が最適なのかもしれません。ケース自体の厚みが多少あるので、凸凹したところに落とさない限りは、大丈夫なのでは・・・

 

___________________________________________

 

経年変化を楽しみたい人にオススメ。
今回ご紹介したApple純正のサドルブラウンカラーのレザーケース。
Apple純正品は非常にクオリティも高く、純正品なので当たり前ですが、iPhoneとの相性もバッチリ。とりあえずケースどうしようかな?とお考えの方には間違いなくオススメしたいアイテムです。
最近ではAmazonでも購入することが出来ますので、ポイントが貯まっている方は通常購入よりもお安く手に入れることが出来ますね。



 

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク