【ANKER Nano Ⅱ 45W レビュー】充電器の完成形。世界最小クラスで超パワフルな最大45W出力のPD対応のUSB-C充電器

 

けーすけ
結局コイツになりました。

 

どうもこんにちは。プラマケのけーすけ(@PRAGMATICMARKET)です。

 

みなさん覚えてますか、先日のこのツイートを。

 

 

そう、愛用していたAUKEYのPD対応の充電器のプラグがポッキリ。

 

普段使いでかなり重宝してたので、リピートしようとAmazon見てたら無いんです。色々調べてたらAUKEYはAmazonから撤退して購入できなくなっていました。

 

インセンティブ付きレビューという規約違反をしていた模様です。製品自体は好んで使っていたんですが購入できないとなると他のものを探すしか・・・

 

そんな時に見つけたのがこのANKERのNanoⅡシリーズの発売発表。

 

Amazonで入荷と完売を繰り返していましたがようやく購入できましたので、今日は改めて紹介していきます。

 

 

それではいってみましょう。

 

 

Anker NanoⅡ 45W|概要

 

 

PD対応の充電器やモバイルバッテリーで有名な、みんな大好きANKER(アンカー)から発売となった”Anker Nano Ⅱ”シリーズのひとつ、45Wモデル。

 

この他にも、30Wモデルと65Wモデルも同時期に発売となり、即完売するほどの人気アイテムです。3兄弟の次男坊が45Wモデルという感じでしょうか。

 

Ankerの独自技術”Anker GaN Ⅱ”を採用することで実現した手のひらにすっぽり収まるコンパクトサイズにしながらも、高出力を可能にしたのがこの”Anker Nano Ⅱ”シリーズです。

 

3モデルあるので、お使いの用途に応じて選べますし、充電するデバイスによって充電器を複数持つのもいいかもしれません。

 

Anker NanoⅡ 45W|外観と仕様

 

では実際に見ていきたいとおもいます。

 

まずはパッケージから。いつも通りの白と鮮やかな水色のパッケージ。

 

 

中身は本体と、

 

 

ユーザーマニュアル。 以上。

 

 

カラーは従来の真っ白や真っ黒ではなく、チャコールグレーの筐体に、ポート部分だけスペースグレー。このアクセントのおかげでプラスチッキーな安っぽさは軽減されています。

 

 

スペースグレーの色味ですが、Apple純正のスペースグレーに限りなく近いですね。

 

 

身の回りのケーブルほぼ全てUGREENで統一しているのですが、その色味ともバッチリ。

 

 

サイズ感は下記の通り。

 

 

手のひらにすっぽり収まります。

 

 

重量は、”正確無比”で知られるタニタ調べで

 

 

公式サイトより2gほど重たかったですね。

 

プラグ部分は収納式になっていて、これが

 

 

こう。

 

 

プラグの動きについては、収納する時がやや硬め。強度は使ってみてといったところ。

 

 

実際にコンセントに挿してみると・・・

 

 

小さいですね。お亡くなりになったAUKEYの30Wよりは気持ち大きいですが、それでも出力が15W増えてこのサイズさなら大健闘。

 

AirPods Proとの比較。

 

 

やはりコンパクトですね。

 

Anker NanoⅡ 45W|特徴

 

僕が思うAnker Nano Ⅱの特徴は以下の3つ。

 

● 小型・軽量で圧倒的パワー

● 折り畳み式プラグ

● 手持ちのデバイス全てを賄える

 

 

特徴① 小型・軽量で圧倒的パワー

 

 

毎日持ち歩くのに最適な、指でつまめるほどの小さいサイズ、重量、充電性能を兼ね備えたこのAnkerのNano Ⅱ。

 

メーカー各社がこのサイズの充電器開発に心血を注いでいると思いますが、ここにきてAnkerが頭ひとつ抜け出したような印象ですね。

 

もちろん他にも色々といい製品はありますが、気軽に購入できて価格もある程度抑えられてる1ポート充電器というカテゴリーであれば、圧勝の予感。

 

毎日持ち歩くガジェットポーチのスタメンがまたこれで入れ替わりましたね。

 

特徴② 折り畳み式プラグ

 

 

折り畳み式プラグに泣かされたにも関わらず、またしても折り畳み式プラグの充電器を買う。

 

そう、便利でスマートだから。

 

僕のデバイス環境だと30Wモデルでも良かったのですが、30WモデルはプラグGA折り畳み式じゃないんです。サイズ感は最高なのですが、あのサイズだと折り畳めないよね。っていうくらいのコンパクトサイズになってます。

 

一応、サイズスペック表を貼っておきます。

 

 

こう見ると、改めて45Wモデルのバランスの良さが分かりますね。

 

特徴③ 手持ちのデバイス全てを賄える

 

 

僕が毎日持ち歩いて使っているデバイスは、12インチの無印MacBookとiPhone 11 Pro。

 

あとはなんだろ。iWALKのモバイルバッテリーやカメラだとSONYのZV-1、あとはDJI POCKET 2ですね。

 

モバイルバッテリーやカメラなんかにはオーバースペックですが、毎日使うMacBookもこの45Wモデルで急速充電ができるのは本当にスマートで、バッグにひとつ入れておけば、持ち歩いているガジェット全ての充電が可能になります。

 

1ポートじゃ心許ないという声も聞こえてきそうですが、そんなことはないですよ。そもそも同時充電が必要になる使い方をしていないので基本的に1ポートでオッケー。

 

ケーブルも、”USB-C to Lightning”ケーブルと”USB-C to USB-C”ケーブルの2本、あとは前に紹介したUSB-C端子をMicroUSBに変換してくれるアダプタを持っていれば完璧。

 

 

荷物も減るし快適だし文句なしですね。

 

ちなみ、現行のiPad Proの12.9インチモデルもこの45Wモデルで急速充電が可能です。付属の純正アダプターは30Wのものですが、45Wモデルでさらに急速充電ができるようです。

 

Anker NanoⅡ 45W|イマイチなところ

 

 

えーと、30分くらい粗探ししてみたのですが、見つかりませんでしたね。それくらい素晴らしい製品だと思います。

 

本当に強いていうならば、”30Wモデルのプラグが収納できないこと”ですかね・・・

 

Anker NanoⅡ 45W|まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

今日は2021年5月に発売されたAnkerの最新の充電器”Anker Nano Ⅱ 45Wモデル”の紹介でした。

 

 

Anker製品はずっと気になっていましたが、人気ゆえに敬遠してきた部分もありましたが、今回は不慮の事故で使っていた充電器のプラグが折れたということで、久しぶりに手を出してみました。

 

買って正解、もっと早くに購入していれば!!!

 

なんて思いましたが、会社や出先のカフェで使ってみたらやっぱり使いやすいし早いしで大満足の充電器でした。

 

まだ持ってなくて気になってる方や、毎日の荷物、お出かけの荷物、出張の荷物を減らしたいと思っている皆様、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

それではまた。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク