【ひまトーーク!#20】春に向けてアウトドアチェア購入したいので迷っているアイテムをチェックしていく話。

 

けーすけ
悩んでるのは全部で5つ。

 

どうもこんにちは。優柔不断なけーすけ(@PRAGMATICMARKET)です。

 

2月に入り日中の気温は少しづつ暖かくなってきたなぁと実感している人も多いのではないのでしょうか。僕もそのうちの一人。

 

冬を迎えてキャンプギア集めをお休みしていたのですが、この気温の上昇とともに僕のギア収集熱も再燃。ということで、悩みに悩みまくって実はまだ購入していないメインとなるアウトドアチェアを購入前に整理していく、そんなお話です。

 

僕と同じようにアウトドアチェアどれにしようか購入に迷っている人は、一緒に悩んで行きましょう。

 

① 折り畳んでコンパクトになる
② ローチェア
③ 可能なら1万円アンダーで買える
④ ベージュ系カラーかカーキ系カラー

 

基本的に車でキャンプ場なりに行って楽しむオートキャンパーですので、荷物の大きさについての制約はほぼ無し。とは言いつつも、ラゲッジスペースの大きさは有限なので可能な限りコンパクトに収納できるチェアが◎。

 

そういう条件で、すでに候補は5つにまで絞っているので、見ていこうと思います。

 

アウトドアチェア購入候補 〜5選〜

 

エントリーNo.1|DOD スゴイッス

 

画像引用:Amazon公式サイト

 

ウサギのロゴや製品の独特なネーミングで有名なDODのスゴイッス。

 

このチェアの特徴は

・4段階の高さ調整と3つの角度調整が可能
・サイドとバックにポケットあり
・火の粉に強い

 

高さ調整と角度調整ができるのでシーンに応じて7つのスタイルが楽しめるのはこのDODのスゴイッスだけ。7つのスタイルに関してはDOD公式サイトをご覧ください。

 

スペックに関しては簡単に表にまとめておきますので参考にしてください。

カラー展開 タン・ブラックカーキ
展開時サイズ(約) W60×D66×H69/86/90/94cm ※最長部
収納時サイズ(約) W39×D46×H11cm
重量(約) 2.3kg
耐荷重(約) 100kg
材質 フレーム:アルミ合金、ナイロン
生地:コットン
生地補強材:600Dポリエステル
付属品 キャリーバッグ
7つのスタイル別の座面高 ロースタイル:32cm
ミドルスタイル:37cm
ハイスタイル:42cm
焚き火スタイル:18cm
ディナースタイル:38cm
リラックススタイル:38cm
星空スタイル:36cm
Amazon価格(税込) 9,340円

 

 

エントリーNo.2|One Tigris ポータブルキャンプチェア

 

画像引用:Amazon公式サイト

 

僕が先日購入したスーパーシェルターというパップ風テントと同じブランドのOne Tigrisのポータブルキャンプチェア。

 

チェアの形状はDODと同じで、脚となるフレームに座面となる生地を被せるタイプ。

 

このチェアの特徴は

・7075超々ジュラルミンを採用しているので耐久性抜群
・耐荷重がなんと150kg
・持っているテントとの色味がバッチリ(主観強め)

 

スペックに関しては簡単に表にまとめておきますので参考にしてください。

カラー展開 ブラウン・マルチカム迷彩ブラック
展開時サイズ(約) W50×D57×H65cm
収納時サイズ(約) W40×D10×H10cm
重量(約) 1.1kg
耐荷重(約) 150kg
材質 フレーム:7075アルミ合金
生地:ポリエステル
付属品 キャリーバッグ
Amazon価格(税込) 5,200円〜5,960円

 

 

エントリーNo.3|ogawa ローチェアⅡ

 

画像引用:Amazon公式サイト

 

1914年創業の老舗アウトドアブランドのogawaのローチェア。

 

ogawaのチェアは折りたたみ式のタイプでフレームと生地が一体化したチェアになります。ogawaといえばハイバックチェアが有名ですが、そのハイバックチェアよりもサイズも価格もコンパクトになったのがこのローチェアⅡで2021年に登場しました。

 

このチェアの特徴は

・収束型なので展開が簡単
・重量1.1kgと軽め
・背面のメッシュポケットが便利

 

スペックに関しては簡単に表にまとめておきますので参考にしてください。

カラー展開 ダークブラウン・サンドベージュ
展開時サイズ(約) W50×D61×H74cm
収納時サイズ(約) W91×D13×H9cm
重量(約) 1.1kg
耐荷重(約) 不明
材質 フレーム:アルミ合金
生地:ポリエステル
付属品 キャリーバッグ
Amazon価格(税込) 7,270円〜8,580円

 

created by Rinker
ogawa(オガワ)
¥6,200 (2022/05/21 05:17:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

エントリーNo.4|LOGOS Tradcanvas あぐらチェア

 

Amazon公式サイト

 

ロースタイルキャンプの定番チェアといえばLOGOSのあぐらチェア。

 

その名の通りあぐらが組めるチェアなのでかなりのんびりゆったりと座ることができるチェア。座面も比較的ワイド仕様になっているのと、耐荷重も約120kgなので屈強な男性でも安心して座れるのではないでしょうか。

 

このチェアの特徴は

・座面ワイドでハイバック
・ドリンクホルダー付き
・肘置きつき

 

スペックに関しては簡単に表にまとめておきますので参考にしてください。

カラー展開 ベージュ・カーキ
展開時サイズ(約) W60×D74×H91cm(座高20cm)
収納時サイズ(約) W76×D20×H14cm
重量(約) 3.4kg
耐荷重(約) 120kg
材質 フレーム:アルミ合金
生地:ポリエステル
付属品 キャリーバッグ
Amazon価格(税込) 7,258円〜7,819円
他モデル グランベーシック ポータブルあぐらチェア
Tradcanvas 難燃BRICK・キングあぐらチェア
Life あぐらチェア(カラフルロゴス)
Life ハイバック あぐらチェア プラス(ブラウン)
キングあぐらチェア(LOGOS LAND)
キッズ SNOOPY あぐらチェア

 

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥8,700 (2022/05/21 05:17:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

エントリーNo.5|Helinox チェアワン

 

画像引用:Amazon公式サイト

 

アウトドアチェアに迷ったらまずこれを買え!と言っても過言ではないHelinox(ヘリノックス)のチェアワン。

 

ネームバリュー、座り心地、機能性などなど総合的なバランスに優れたこのチェアワンは、1万円アンダーという条件こそクリアできませんが、リセールバリューも高いので気に入らなければ高く売れるのもいいところですね。

 

このチェアの特徴は

・とにかく人気で所有欲を満たしてくれる
・カラー展開が豊富
・メッシュなので夏場に良い

 

スペックに関しては簡単に表にまとめておきますので参考にしてください。

カラー展開 Amazon販売ページで確認する
展開時サイズ(約) W60×D74×H91cm(座高20cm)
収納時サイズ(約) W35×D10×H12cm
重量(約) 0.89kg
耐荷重(約) 145kg
材質 フレーム:アルミ合金
生地:ポリエステル
付属品 キャリーバッグ
Amazon価格(税込) 7,258円〜7,819円
他モデル グランベーシック ポータブルあぐらチェア
Tradcanvas 難燃BRICK・キングあぐらチェア
Life あぐらチェア(カラフルロゴス)
Life ハイバック あぐらチェア プラス(ブラウン)
キングあぐらチェア(LOGOS LAND)
キッズ SNOOPY あぐらチェア

 

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥8,700 (2022/05/21 05:17:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

さらに3つに絞り込んでいくぅぅ

 

とりあえず5つに候補を絞って見ましたのでここからさらに絞り込みを。

 

チェアの形状でいうと、ヘリノックスのチェアワンのような脚となるフレームに座面となる生地をのせてチェアにするタイプと、LOGOSのような脚(フレーム)と座面が一体型になっているモデル。

 

個人的には収束型の簡易さよりも、トランスフォーマーのようにフレームをガチャガチャ組み立ててチェアにする方がなんだかキャンプ楽しんでる感じがするので、以下の3つに絞りました。

 

① DOD スゴイッス
② One Tigris ポータブルキャンプチェア
③ Helinox チェアワン

 

DOD スゴイッス
One Tigris ポータブルキャンプチェア Helinox チェアワン
画像引用:Amazon公式サイト
画像引用:Amazon公式サイト
画像引用:Amazon公式サイト
展開時サイズ(約) W60×D66×H94cm ※最長部 W50×D57×H65cm W60×D74×H91cm(座高20cm)
収納時サイズ(約) W39×D46×H11cm W40×D10×H10cm W35×D10×H12cm
重量(約) 2.3kg 1.1kg 0.89kg
耐荷重(約) 100kg 150kg 145kg
Amazon価格(税込) 9,430円 5,900円 11,550円
その他 収納袋つき 収納袋つき 収納袋つき
メリット 1万円アンダー
高さと角度の調整ができる
3つの中では最安
持っているテントとマッチする
3つの中では最軽量
メッシュ採用で夏場も蒸れにくい
デメリット 2kgオーバーと重い ブランドの信頼度がやや低い 1万円オーバー
機能と価格のアンバランスさ

 

 

さぁ最終候補の3つを並べてみました。

 

価格や性能のバランスで選ぶとすると、One Tigris(ワンティグリス)のポータブルキャンプチェアが良い感じ。ただ、これを買うなら“別にこれじゃなくて良くない?”感がすごい。セカンドチェアとかで簡易的に使うならこれで良いですけど、メインチェアとしては物足りない。

 

ヘリノックスは第3者評価(レビュー)ほどの良さを感じられないというか、元々の1万円アンダーという条件を満たせていないのと、このチェアワンを買うなら“One Tigrisのポータブルキャンプチェアを2つ買う”といった印象。

 

アウトドアチェア選び|まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回のひまトーーク!は実はまだ持っていないアウトドアチェアを、春に向けてそろそろ購入したいと悩みに悩んで候補を5つに絞り込み、そこからさらに3つに絞り込みをしました。

 

ということで、僕が春に向けて購入決定したアウトドアチェアはコチラ。

 

 

DODのスゴイッスです。

 

購入の決め手は、冒頭でも述べた僕の求める条件を全部満たしているということですね。

① 折り畳んでコンパクトになる
② ローチェア
③ 可能なら1万円アンダーで買える
④ ベージュ系カラーかカーキ系カラー

 

加えて、高さ調整とさらには座面の角度調整が出来るというギミック付き。男心くすぐりますよねー。

 

ということで、春に向けてこのDODのスゴイッスを購入した際はまたTwitterかInstagramで報告しますのでお見逃しなく。

 

少しでもアウトドアチェア購入できていない方の参考になればと思います。

 

それではまた。

 

スポンサードリンク