TIMBUK2「Classic Messenger Bag」がちょうど良い。

メッセンジャーバックってなんでこんなに優秀なんでしょう。

どうもこんにちは。プラマケのけーすけです。

今日は、TIMBUK2(ティンバックツー)というブランドのド定番商品でもある「Classic Messenger Bag」の紹介をしたいと思います。購入してもう2年くらい経つので今さら感は否めませんが、それでもこのバッグの良さを知って頂きたいので、今回ご紹介します。

 

 


 

 

TIMBUK2とは。

 

 

1989年アメリカのサンフランシスコで誕生した、メッセンジャーバッグ全米シェア率NO.1のTIMBUK2は、サンフランシスコのメッセンジャーカルチャーを支え、機能的で丈夫・スタイリッシュなデザインで人気のバッグブランドです。

メッセンジャーバックの他にも、ブリーフケースやダッフルバック、キャリーバック、最近ではサコッシュなども販売してます。バイクメッセンジャーだった創始者のロブ・ハニーカット氏のこだわりもあり、国内でも、サイクリストから絶大な支持を集めている、そんなブランドです。

 


 

Classic Messenger Bag

 

僕が愛用しているのが、TIMBUK2の中でも超がつくほどの定番アイテム「Classic Messenger Bag」です。

 

 

形はいわゆる普通のメッセンジャーバッグ。裏面はこんな感じ。

 

 

このメッセンジャーバッグはサイズ展開とカラー展開が非常に豊富です。僕が持っているのはブラックのSサイズ。容量でいうと14L 。サイズ感はこちらをご覧ください。

 

出典:Bellezza

 

ちなみに僕のスペックは、身長181センチの67キロの細身です。SサイズとMサイズで1日迷いましたが、Sサイズを購入。普段使いでどんなものを入れているかというと、

 

 

  • MacBook12インチ
  • iPhone7(XかXSくらいには変えたい・・)
  • キャッシュレス時代の理想の財布「PRESSo」
  • 最小の小銭入れ「CHIP」
  • 小物ポーチ×2
  • トラベラーズノート(パスポートサイズ)
  • w.p.c 折り畳み傘(50cm / 70g)
  • SONY α6000(写ってませんが)

基本、メッセンジャーだろうが、バックパックだろうが、だいたいこの品揃えです。14L でも余裕で入ります。

 


 

機能モリモリ、てんこ盛り。

 

TIMBUK2のクラシックメッセンジャーといえば、機能がモリモリ。もうほんとすごいです。僕も自転車に乗るんですが、使ってみると本当にサイクリストからの評判がいいんだなーというのが感じられます。
バッグの中もたくさんの仕切りやポケットがあって、このコンパクトさでこの収納力というのはなかなか見たことがありません。整理整頓の苦手な僕でも超簡単。
まずはメインポケット。

 

 

クッション材が入った仕切りが1枚。この奥側の薄いポケットにPCやタブレット関係をズボッと。13インチくらいまでなら入ります。15インチになると、Mサイズへのサイズアップが必要ですね。

 

 

反対側にはスマホが入るくらいのポケットが2つ、ペンが挿せポケットが2つ、その奥に、横長のファスナー付きポケットが1つ。
そしてサイドには、

 

 

 

ペットボトルやタンブラーなどを収納するポケットが左右に1つずつ。僕の場合はここにw.p.cの超軽量折り畳み傘を立ててます。最近のペットボトルのお茶のように550mlや600mlサイズのものは少し太いので入り難いです。入らないことはありませんが、スマートに収納するのは難しいかも。
フラップ(バッグのふた)をめくりあげたところにもポケットが。

 

 

ファスナー付きが2つともう1つポケットが。トラベラーズノート(パスポートサイズ)がすっぽり入るサイズと、正面のファスナーポケットはキーリングストラップ付きの小部屋です。iPhone7が入っているとこは、このメッセンジャーの特徴の1つ「ナポレオンポケット」。

 

 

ナポレオンポケットとは、隠しポケットのことでフラップが閉じている状態でも横からダイレクトに手を入れられ、小物の出入れもスムーズに行なえるポケット。ポケットに入れるのは嫌だけど、頻繁に確認してしまうスマホや、モバイルバッテリーなど、使用頻度の高いアイテムなどを入れるのに最適です。まじ神。
もうひとつ、TIMBUK2のメッセンジャーの、ここ凄くいいポイントですが、コチラ。

 

 

CAM(カム)バックルというのですが、これはショルダーストラップの長さを調節するレバーで、片手でレバーを外したら、そのまま片手でズズズっと調整ができる魔法のバックルです。締める、緩めるの操作が片手で可能なのでとても便利。
反射材も付いてますので、夜間の走行でも存在を知らせることができます。

 

 


 

素材にもこだわりを。

 

 

バッグ本体に使われているのは「CORDURA(コーデュラ)」。

一般的にはコーデュラナイロンと呼ばれるこの素材ですが、ナイロンの7倍程度の強度を持つ、耐久性に優れた繊維で、ワークウェアや高機能の衣服、ファッション小物関係にもよく使われている「丈夫な素材」です。
そんな丈夫な素材を全面に使用しているので、普段使いくらいなら特に気にせずいい意味で雑に使えるスグレモノ。実際、2年以上使用してますが、破れや不具合はありません。
この素材は最近本当によく見るようになりましたが、いい素材です。ちなみに、このコーデュラにも糸のボリュームを表すデニールというものがありまして、「糸が9000mの長さで何gあるか」というものを数値化したのがデニールとなります。女性用のタイツなんかでよく使われる言葉ですね。
強度を求めて頑丈な生地にする場合は1000デニールの糸を、軽量化を優先する場合には500デニールの糸を、という感じです。シュラフやレインウェアで採用されている生地は、30デニールが多くなっています。 ただ、単純に数字が大きいと、耐久性・防水性に優れているか、というとそういうわけでもありません。

 


 

いかがでしたでしょうか。今回紹介したTIMBUK2のクラシックメッセンジャーバッグ。
僕が購入したのはもう2年以上前になりますので、現在はロゴデザインや、他にも細かいところでアップデートがされていますので、少し色味が違うパーツがあったりしますが、基本的にはほとんど変わってなかったと思います。
カラー展開もサイズ展開も豊富なので、選びごたえのあるバッグだと思います。使い勝手も抜群で、自転車乗りも、そうでない方も満足して使えるのではないでしょうか。
ちなみに、2年使ってみて感じることが、Sサイズは少し小さいかな。ということです。バッグに入れる中身を増やす予定はないですが、物の出し入れなど、背負った状態だと少し窮屈に感じることがあるので、買い換えるときはMサイズにサイズアップしようかなと思います。

 

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク