【初心者向け】格安SIMとMVNOとは?【格安SIM利用者が徹底解説!!】

格安SIMもMVNOもとっても簡単です。

 

どうもこんにちは。プラマケのけーすけです。

 

「格安SIMやMVNOってよく聞くけど一体何なの?」
「スマホ代節約したいけど格安SIMってどうやるの?」

 

今日はこういった疑問にお答えしていきます。

 

 本記事の内容(目次クリックで各コンテンツにジャンプします)

 

 記事の信頼性

記事を書いている僕は、2年くらい格安SIM(LINEモバイル)を使っています。
当時、契約前にはかなりの時間を格安SIMについて調べるために費やしましたのである程度の知識はあるかと思います。

 

格安SIMとは

格安SIMとは、『SIMカードを低価格で提供するサービス』のことです。

 

スマートフォンの中にはSIMカードと呼ばれる小さいカードが入っており、これは加入者を特定するためのID番号が記録されたICカードになります。これを『3大キャリア』と呼ばれるが発行しているSIMではなく、格安SIMへと変更することで、月々のスマホ代を大幅に安く抑えることが出来るということです。

 

 

格安SIMとMVNOの違い

格安SIMのお話をする上で、必ず出てくる単語があります。
それが『MVNO』です。この格安SIMとMVNOは切っても切れない関係なのです。

 

MVNOとは『Mobile virtual Network Operator』の略で、「仮想移動体通信事業者」と呼ばれる格安SIMというサービスを提供している事業者(会社)のことです。

 

もっと簡単に説明すると、無線通信インフラをdocomo、au、SoftBankの大手携帯電話会社から借り受けてサービスを提供しているのがMVNOです。ちなみに、無線通信インフラを貸しているdocomo、au、SoftBankの大手携帯電話会社のことは”MNO”といいます。

 

格安SIMはとにかく安い

みなさんが今お使いのキャリアの利用料金はいくらくらいでしょうか。

 

僕の場合は月に15,000円ほど支払っていました。高いですよね。大体の方は10,000円前後の利用料金ではないでしょうか。

 

一方、この格安SIMで契約すると、500円〜3,000円程度にまで抑えることが可能です。どうでしょう。すごく安いと思いませんか?
その安さにはもちろん理由があって、以下の3つが主な理由です。

 

・基本的にネット契約なのでMVNO側の人件費や店舗運営費用(コマーシャルなどの高額な広告費)が要らない
・通信環境を大手キャリアから借りているので回線維持費用が掛からない
・契約が完全自由形なので無駄なオプションがない

 

 店舗運営費用や人件費が大手キャリアよりも安い

 

大手キャリアとMVNOのコスト面を比較してみましょう。

 

大手キャリア MVNO(格安SIM)
販売場所 実店舗 インターネット
メイン広告 テレビコマーシャル ネット広告
人件費 かかる かからない
テナント料 かかる かからない

 

比較を見て分かるように、大手キャリアの場合は、様々な面でコストが掛かっていますが、格安SIMについて必要最低のコストで運営されているから安く提供できるんですね。

 


 

 通信環境を大手キャリアから借りているので回線維持費用が掛からない

 

先ほどの理由と似ている部分が多いのですが、格安SIMの場合は独自の回線を持たず、大手キャリアの回線を借りることで運営していますので、基地局の設置費用やメンテナンスが掛からないので回線維持費用が掛かりません。

 

 契約が完全自由形なので無駄なオプションがない

 

大手キャリアの契約の時は、1つ数百円という無駄なオプション契約が自動的についてきます。しかも、解約方法も面倒で、ついつい解除を忘れて無駄な出費が嵩んでしまいます。

 

1つ数百円ですが、数集まれば高額になりますよね。

 

一方、格安SIMの場合はオプション契約は基本的にこちらの自由に組むことができます。なので、使うか使わないか分からないような無駄なオプション契約をさせられることもありませんし、必要ならあとで契約も出来ます。

 

格安SIMの”サイズ”について

格安SIMには、利用する端末のSIMカードスロットによって、SIMカードの『サイズ』と『種類』が変わってきます。

 

SIMカードの”サイズ”は『標準SIM』と『microSIM』と『nanoSIM』の3つ。
SIMカードの”種類”は『音声SIM』と『データSIM(SMSあり)』『データSIM(SMSなし)』の3つ。

 

 標準SIM

25mmx15mmのSIMカードの中では最も大きいサイズ。
3G端末やガラケーなどの古めの端末だと標準SIMが主流です。

 

 microSIM

15mmx12mmの3つの中ではちょうど中間のサイズ。
数年前のスマホや格安スマホの中には、未だにmicroSIM対応のものもありますが、現在の主流ではありません。

 

 nanoSIM

12.3mmx8,8mmのSIMカードの中では最も小さいサイズ。
AppleのiPhone5から、Android端末ではここ最近発売されたほとんどの端末で採用されている、現在最も主流のSIMカード。

 

ご自身のスマホのSIMカードのサイズの確認方法

 

SIMカードのサイズについては理解したけど、自分のスマホのSIMカードのサイズが分からないという方は、以下の方法で確認することが出来ます。

 

  1. SIMカードを取り出す
  2. 公式サイトを見る

 

①のSIMカードを取り出して確認する方法ですが、
ほとんどのスマホには本体にSIMスロットが付いていて、そこにSIMカードが入っています。本体に小さな穴がありますので、それを見つけて付属のSIMピンというクリップのようなピンを差し込むことで、SIMスロットが本体からニュッと出てきます。それを取り出すとサイズの確認ができます。

 

②の公式サイトを見るというのは、お使いのスマホの機種や型番からネットなどで調べることが出来ます。
型番はスマホの裏に書いていたりもしますので、確認してみてください。

 

格安SIMの”種類”について

次はSIMカードの『種類』についてみていきます。

 

先ほどもお話ししたようにSIMカードの種類は3種類です。

 

 音声通話SIM

通話SIMというのは、キャリアのスマホのように『090』や『070』といった電話番号を必要とします。
電話番号を持ったSIMカードなので、普通の電話のように扱うことが出来ます。

 

 データSIM(SMSあり)

データSIM(SMSあり)というのは、音声通話は出来ませんが、データ通信(インターネット)は出来るSIMです。また、SMSを使って、電話番号を知っている相手にSMSを送りたい場合に使えます。

SMSとは『Short Message Service』の略で、携帯電話同士で電話番号を宛先にしてメッセージをやり取りするサービスです。 簡単な文章のみの場合や相手先の携帯電話番号は知っているといった場合に利用すると便利です。

 

 データSIM(SMSなし)

データSIM(SMSなし)というのは、音声通話は出来ませんが、データ通信(インターネット)は出来るSIMです。ただし、SMSは使えません。連絡手段はLINEの電話や『050』などのIP通話のみとなります。

 

 

メインのスマホであれば、電話番号がないのは色々と不便ですので、キャリアからの乗り換えであれば音声SIM一択になるかと思います。
また電話番号がないとLINEなどのSNSでの認証が出来なくなってしまいます。

 

 

気になる料金に関しては、紹介した上から順に高くなってます。
電話番号が持てる通話SIMが最も高くなります。データSIMの場合は、通話SIMに比べて約1,000円前後安くなります。

 




 

 

格安SIM契約に掛かる費用の目安

いよいよ最後です。気になる費用について解説していきます。
格安SIMの契約や利用において、以下の3つの費用が発生してきます。

 

  1. 初期費用(契約関係で発生する手数料)
  2. 月々の利用料金
  3. 解約手数料

 

 

 初期費用(契約関係で発生する手数料)

 

初期費用として、格安SIMの契約において3つの手数料が発生します。

 

・新規契約事務手数料
・SIMカード発行手数料
・MNP転出手数料
これに加えて、契約中のキャリアでの契約更新期間外の解約の場合は、それぞれ決められた解約手数料を取られる場合がありますので要注意!!

 

 新規事務手数料

 

格安SIMを契約する時に発生する事務手数料です。

 

キャンペーンなどで「事務手数料無料」などもたまにありますが、基本的にどのMVNOも3,000円程度します。

 

事務手数料無料のキャンペーンは結構頻繁に行われていることが多いので、契約する前に、各MVNOの公式サイトをチェックしてみてください。

 

 SIMカード発行手数料

 

その名の通り、SIMカードを発行するために発生する費用で、大体1枚400円程度かかります。

 

 MNP転出手数料

 

MNPとは『Mobile Number Portability』の略で、携帯電話番号ポータビリティの意味です。

 

分かりやすく説明すると、携帯電話会社を変更した場合に、今の電話番号はそのままで、乗り換え先の携帯電話会社のサービス使える制度のことです。

 

今契約しているキャリアで、MNP予約番号というものを発行してもらい、その番号を持って、MVNOへと申請する流れとなります。
この時に、発生するのがMNP転出手数料ということです。

 

キャリア別に見ると、

  • docomo・・・2,000円
  • au・・・・・3,000円
  • SoftBank・・3,000円

です。

 

以上3つの手数料が、乗り換えと新規契約で掛かる費用となり、大体7,000円くらいです。
意外と高いと思われますが、契約時のみですので、次月以降は契約内容によりますが、500円〜3,000円程度で済みますので、長い目で見ればそんなに損ではないはずです。

 

大手キャリアのように2年縛りがないのも特徴的です。あの縛りのせいで、なかなか格安SIMに移行できない方も僕の周りには多くいらっしゃいましたが、解約手数料を支払ってでも乗り換えた方が、案外安く済むかもしれません。

 

月々の利用料金

 

毎月の利用料金は、契約したSIMカードの種類によって変動しますが、音声SIMが一番高く、データSIMのSMSなしが最も安くなります。

 

データ通信しかできないデータSIMなら、1GBから選べて、500円くらいから契約できます。家や職場でガチガチにWi-Fi環境整っている方は良いかもしれませんね。

 

その他のギガ数でいうと、MVNOによって異なりますが、3GB、5GB、7GB、10GB、20GBという風に細かく設定されていますので、自分にあったギガ数が選べます。

 

 乗り換えるなら音声通話SIM

 

スマホ1台持ちの方でしたら、ほとんどの方が『音声通話SIM』を契約するのではないでしょうか。

 

音声通話SIMの場合だと、平均で月々の利用料が2,000円〜3,000円程度になります。

 

僕が契約している『LINEモバイル』の音声通話SIMは、5GBで月2,220円です。
5GBですが、LINE、Twitter、Facebook、InstagramのSNSに関してはデータ消費が0というコミュニケーションフリーというプランですので、実質5GB以上のデータ通信が可能です。
ちなみに僕も契約しているLINEモバイルのコミュニケーションフリープランで最も安いのは3GBで月額1,690円です。

 

解約手数料

 

実際に契約してみたけど、やっぱり合わなかったから解約しよう。
そんな時に発生するのが解約手数料です。

 

解約手数料に関しては、2パターンほどありまして、

 

・最低利用期間や解約手数料がない
・最低利用期間が1年間あって、それを超えると解約手数料は発生しない。(最低利用期間内の解約については10,000円程度の手数料が発生する)
どうでしょうか?
大手キャリアは2年縛りだったり、1〜2ヶ月くらいの契約更新期間内に解約できなかったらさらにもう1年待たないと解約手数料取られたりというのがありますが、MVNOの場合はかなり条件が緩いので、本当に気軽に試すことができます。

 

格安SIMについてまとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、格安SIM初心者の方に向けた解説記事となりました。

 

これだけ覚えていれば、どのMVNOのどの格安SIMでも対応できるかと思います。格安SIMに興味を持たれた方は、当ブログ内にて、MVNOについての記事も多数書いておりますので、是非他の記事も読んでみて下さい。

 

スマホ料金が安くなると、お財布事情もかなり変わってきますよ。

 


 

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク