旅先での充電環境を劇的に変化させる電源タップ

僕は仕事柄、出張で色々な場所に行き、色々なホテルに宿泊するのですが、
MacBookやiPhoneなどを充電する環境って、ホテルによって様々なんです。

・コンセントが1つしかない
・ベッド横ではなく机の上にしかない
・コンセント2つあるのに1つは部屋のテレビに使ってる

など。

しかも、僕の性格上、たくさんの荷物を持って出張に行くのが嫌で、
「コンパクト」で「単一化」されていて「軽量」なモノというものが
大好きなわけです。

そんな中見つけたのがコレ。

CIOさんの「USB AC Charger
主な機能は、
・コンセント3つまで拡張
・USB-A(QuickCharge3.0対応)2つ
・USB-C(PD3.0対応)1つ
・絶妙な長さのコード付きプラグ

色々と喋りたいですが、サクッと見ていきます。

 

____________________________________

3口まで拡張できるコンセント

旅先で必ずと言っていいほどコンセント不足になるわけですが、
このアダプターはオモテ面に2口、

そしてなんとウラ面にも1口。

これだけあれば、コンセント不足に悩まされることも無くなりそうですね。

 

____________________________________

ダイレクトに挿せるUSB-AとUSB-C

QuickCharge3.0対応のUSB-AとPD3.0対応のUSB-C搭載により、
あらゆるデバイスの急速充電が可能になります。

USB-CはMAX27Wの出力なので、僕の愛用してるのMacBookであれば普通に使用できますね。

 

____________________________________

絶妙な長さのコード付きプラグ

この商品の痒い所に手が届くなぁと思えるのが、このプラグ。

コードが本体をぐるっと回るように収納されているので見た目がスッキリ。
非常にスマートです。

コンセントって、皆さんもご存知の通り、
大体は床上数センチのところに設置されてるんですよね。
なので、この絶妙な長さのおかげで本体が床に置けちゃうんです。

床置き可能なので、安定した状態で充電できるのはありがたいですね。

 

____________________________________

これ1台で完結

MacBookやiPhoneなど、出張の時に持っていくデバイスが
この電源タップ1つで対応可能ということは、またひとつ、持ち運ぶ荷物が減りましたね。

電車乗り換えて、駅から歩いてとなると、
思ってる以上に、荷物の重さって負担になるものです。
こういう小さな変化ひとつが嬉しいものです。

またひとつときめくモノに出会えたような気がします。

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク