【靴屋が選ぶ】1足は持っておきたい春にオススメな白ベースコート系スニーカー5選。

1足は持っておきたい白ベースのスニーカー。

 

どうもこんにちは。プラマケのけーすけです。

 

靴を生業にしている僕が、春におすすめする”白ベース”の”コート系スニーカー”を『1足あれば安心して履き回しができる』という視点でご紹介していきます。

 

なので、この記事ではいわゆる王道アイテムを中心に紹介していきます。

 

これから春を迎えるにあたって、スニーカーの新調をお考えの方必見となっていますので、ぜひ最後までお読みいただければと思います。

 

それではいってみましょう。

 

 

 


コート系スニーカーとは

 

ここ最近、耳にする事も多くなった『コート系スニーカー』という言葉ですが、どんな靴なのかというと、

 

今のように、サッカー用、野球用、テニス用、バレー用などと言った、各競技用に専門的に作られたシューズがなかった時代に『コートで行われる競技全般でプレイするためのシューズ』のことをコート系スニーカーと呼んでいました。

 

基本的には、今も同じ解釈でいいかと思いますが、靴屋さんで呼ばれている”コート系スニーカー”というのは、アウトソールと呼ばれる靴底がまっ平な靴を指すことが多いという解釈で大丈夫です。

 

メジャーどころでいうと、アディダスのスーパースターやスタンスミスのような形状のシューズをコート系スニーカーと呼んでいます。

 

なので、今回ご紹介するのは、ざっくりあんなテイストのスニーカーになります。

 


 

アディダス:スーパースター

 

 

アディダスの言わずと知れたメジャーアイテムですね。

 

数年前のスニーカーブームの時にめちゃくちゃ売れたアイテムです。この写真のスーパースターは普通のスーパースターではなく、
スーパースター 80’s』と呼ばれるアイテムで、つま先とソール部分が生成色したヴィンテージ風のカラーになっています。

 

いい意味で日焼けしたような味わいが特徴ですね。

 

今でこそ1万円〜くらいで販売されていますが、僕の若い頃の10数年前なんて5,980円とかで箱で積まれて安売りされていましたよ。

 

 

アディダス:スタンスミス

 

 

先ほどのスーパースターと人気を2分するアイテム。

 

こちらも数年前のスニーカーブームで人気再燃したアイテムで、その始まりはテニスシューズとして販売されていました。

 

シュータン部分に描かれたおじさんが印象的なこのスニーカーは、名テニスプレーヤーだったスタンスミス氏の名前がつけられたアイテムとなります。このおじさんはスタンスミスさんなんですね。

 

『世界一売れたスニーカー』としてギネス記録にも登録されているほど。

 

 

コンバース:クップ

 

 

コンバースの隠れた人気アイテム。

 

発売から数年、『コンバース=キャンバス』をぶち壊すほどの人気を誇るレザーシューズです。

 

このクップを初め、クップトリオスターも人気。メンズ顔のスニーカーとして発売されましたが、その人気は女性にまで飛び火しており、入荷後すぐに完売する事もありました。

 

柔らかいレザーなので足あたりも柔らかく、非常に履きやすい1足となっています。

 

クップ

 

クップトリオスター

 

ルコック:ローラン

 

 

フランスのブランド『ルコック』の定番モデル。

 

このルコックは芸能人をモデルとして採用していて、過去には梨花さん、今だとマギーさんや池田エライザさんなんかが起用されています。

 

このローランは発売当初から売れに売れまくってメーカー在庫が一気に無くなったという、ここ数年の靴業界では伝説となったモデルです。

 

こちらはレディース向けに生産されたのですが、メンズ人気が予想の遥か上を行ったために、メーカー在庫がショート。それ以来、コンスタントに毎年売れている人気のスニーカーです。非常に軽量でクッション性のいいスニーカーに仕上がっています。

 

写真のモデルが1番安いモデルで税抜き6,500円。素材が人工皮革なのでその分お値段が安くなっていますが、本革を使用し、しかもメイドインジャパンのモデルも存在しています。

 

 

パトリック:ケベック

 

 

フランスの人気ブランド『パトリック』の日本生産モデル。

 

パトリックといえば2本ラインが特徴ですが、このケベックもしっかりと受け継いでいます。

 

レザーアッパーの随所に施されたパンチング加工で通気性を確保しつつ、デザイン面でもアクセントをもたらしています。パトリックといえば『マラソン』や『シュリー』など有名どころがありますが、このケベックもなかなかの人気です。

 

メイドインジャパンクオリティでクッション性も抜群、足あたりも柔らかいので長時間履いても疲れにくいモデルとなっています。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今日はこの春にオススメの『白ベースコート系スニーカー』を紹介してみました。

 

白スニーカーというのは1足あるだけで色々なファッションで履くことができますし、特にこれから春を迎え夏が終わるまでは間違いなくスタメンとして大活躍間違いありませんので、ぜひチェックしてみてください。

 

この中で個人的にオススメするとしたらルコックの『ローラン』ですかね。

 

値段も安く履きやすいのでとてもコスパの良いアイテムだと思います。まだまだ人とかぶることの少ないモデルですのでお店なんかで見つけたら試し履きしてみてくださいね。

 

 

関連記事

青山学院、やはり復活しましたね。おめでとうございます。 どうもこんにちは。プラマケのけーすけです。 正月の初売りで、たくさんの方が新しく靴を買ったのでは無いでしょうか?僕も1年に1足は必ず靴を買うようにしているのですが、特にスニ[…]

関連記事

安物はそれなりです。 どうもこんにちは。プラマケのけーすけです。 先日こんな記事をアップしました。 [sitecard subtitle=あわせて読みたい url=https://pragmatic-market.com/[…]

関連記事

この春、新社会人になる皆さま、おめでとうございます。 どうもこんにちは。プラマケのけーすけです。 靴関係の仕事をしていると、この時期になるとこういった質問をよくされます。 初めてのビジネスシューズを買いたいんですが、色々なデザ[…]

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク